リゾートバイトのアプリ、カヤックLivingと協業

株式会社アプリ

リゾートバイトで若年層の移住を促進 “観光以上、定住未満”の新たな関係人口の獲得機会を提供

観光地での住込み求人サイト「はたらくどっとこむ」を運営する株式会社アプリ(本社:東京都新宿区、代表取締役:庄子潔、以下 「アプリ」)は、2018年11月9日、移住スカウトサービス「SMOUT(スマウト)」を運営する株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、以下「カヤックLiving 」)と移住スカウトサービスの「SMOUT」において協業することを発表いたします。(https://smout.jp/features/6/plans)


アプリとカヤックLivingはSMOUTにおいて『リゾートバイトからはじめる地域との関係づくり』をテーマに、限られた期間、地域で働きながら、その地域の暮らしや文化に触れる機会を提供いたします。自分らしく暮らせる環境との出会いのきっかけとなる“観光以上、定住未満”の地域への来訪を促進し、若年層との関係性の創出を目指します。
SMOUTホームページ  https://smout.jp リゾートバイト特集ページ  https://smout.jp/features/6/plans


■協業の背景

アプリは、2002年日本国内の観光施設に特化したリゾート人材派遣業を開始。『若者に価値ある CHALLENGE の場』を創出する企業として事業を拡大中。当社が運営する観光地での住込み求人サイト「はたらくどっとこむ」における派遣スタッフ登録者数は約16万人、取引先数全国約3,300カ所。また、旅人に特化した就職支援事業のほか、あえてオフィスから離れた場所で行う会議「オフサイトミーティング」の専門代行事業等と多岐にわたって事業展開をしています。
カヤックLivingは「暮らしをつくろう」をビジョンとし、住まいと地域の暮らしにおけるWeb事業 を展開しています(面白法人カヤック100%子会社)。2018年6月には地域と地域に関わりたい人 を繋ぐ『SMOUT』をリリースし、地域への移住促進、関係人口の創出およびシティプロモーションの支援をおこなっています。

近年、若年層の間で地域移住への関心が高まっています。 都市在住の移住希望者と地方自治体の マッチングを行う認定NPO法人ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区、理事長:高橋公)に 訪れる相談者の調査では、2017年の利用者の割合は、20代と30代で50.3%と5割を占めます。また、SMOUTに登録する潜在移住者における10~30代の割合は70%を超えています。 若年層の地域への興味関心が高まっていることを受け、SMOUTのユーザーへ向けて当社の事業の「リゾートバ イト」からはじまる、地域との関係性の創出、ひいては移住という提案をおこなうことにいたしま した。※出典:NPOふるさと回帰支援センター「2017年の移住相談の傾向、ならびに移住希望地域ランキング」 http://www.furusatokaiki.net/wp/wp‒content/uploads/2018/02/db6c900774985e6ae7e38177bfc27ccf.pdf

■協業内容と狙い

今回の協業は、アプリが継続的な求人情報、およびコンテンツ提供を支援し、カヤックLivingが地域に関心のあるユーザー集客、マッチングの場として「SMOUT」の提供をおこなうことから開始いたします。またSMOUTにリゾートバイト情報の特集を開設いたします。この協業により、若年層 の地域への来訪の促進を推し進めると共に、地域における新たな関係性の創出を目指し ます。

■SMOUTについて

SMOUTは、地域に移住したい人や地域と関わりたい人が、自分の興味のあることや得意分野といったプロフィールを登録しておくことで、地域からスカウトが届くサービスです。地域で活動する人とマッチングすることで、地域に行ったり関わったりする人を増やし、さらには移住のきっかけの創出を目指します。2018年11月9日現在、約70市区町村がその地域を盛り上げるため、あるいは地域のことを知ってもらうためのプロジェクトを公開し、参加者を募りスカウトしています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング