「京王ストアエクスプレス府中店」がオープンします

京王電鉄株式会社

2018年11月22日(木)、京王線府中駅改札すぐ

 京王グループの株式会社京王ストア(本社:東京都多摩市、社長:川瀬 明伸)では、2018年11月22日(木)、京王線府中駅直結の商業施設「ぷらりと京王府中」2階に「京王ストアエクスプレス府中店」を出店することとなりましたのでお知らせします。


≪京王ストアエクスプレス府中店 イメージ≫
 府中駅前への出店は、「京王ストア府中店」に続いて2店舗目となります。「京王ストア府中店」は昨年7月に複合商業施設「ル・シーニュ」内にオープンし、売場面積約600坪の大型スーパーマーケットとして、生鮮食品を中心に、普段使いの商品から上質・こだわり品までを幅広く品揃えし、多くのお客様にご愛顧いただいております。

 この度オープンする「京王ストアエクスプレス府中店」は、府中駅直結のスーパーマーケットとして8時から24時まで営業し、通勤で駅を利用される共働きや一人暮らしの方をメインターゲットに店内製造のできたて惣菜をはじめ、調理時間の短縮に繋がる簡単・便利な商品を豊富に取り揃ますまた、当社初の試みとして、店内で販売しているこだわりの生鮮素材を惣菜部門にて商品化することにも取り組みます。

 「“楽・便利”“健康・安全” 食を通じて忙しいあなたの生活を応援する店」をコンセプトに、「ショートタイムショッピング」ニーズに応える店舗として、さらに地域の皆様にご支持いただける店づくりを目指します。

 詳細は下記のとおりです。

1.「京王ストアエクスプレス府中店」について
(1)  京王ストアエクスプレス府中店
(2) 所在 東京都府中市府中町1丁目3番6号 ぷらりと京王府中2階



(3) 売場面積 178坪
() 営業時間 8:00~24:00(※11月22日、23日は10時開店です。)

立地と商圏
 当店は府中駅の改札階より東へ約50mの距離に位置しています。府中駅を利用される乗降客数は1日約90,000人で、年々増加傾向です。店舗周辺(半径1キロ圏内)には集合住宅が立ち並び、年代別人口構成では20~40代が最も多く、また世帯人数は単身・2人世帯が多い地域です。

3.店舗の特徴
(1) ショートタイムショッピング」を意識した売場
 駅側の入口には惣菜を中心に即食時短商品を集合させ、共用通路側は仕切りを減らすことで、駅利用者が入りやすい、使いやすいオープンな売場にします。

(2) 即食時短商品の品揃え
 調理時間短縮につながるレンジ調理品や冷凍食品をはじめとする「簡便商品」、調理せずにそのまま食べられるサラダやカットフルーツ等の「即食商品」の品揃えをそれぞれに強化します。
 
(3) 小容量品の品揃え
 生鮮品の「使い切りサイズ」の小容量パック、グロサリー品の「食べきりサイズ」、小型調味料等を幅広く展開します。
 
() 店内製造調理品の強化
 初めての試みとして、店内で販売しているこだわりブランドの生鮮素材を惣菜部門で調理加工し、お客様にフレッシュ感のある美味しさをお届けします。


商品の特徴

(1)   惣菜
 「できたて」と「おいしさ」にこだわった店内製造のサラダやフルーツタルト等を中心に、洋風惣菜や寿司も数多く取り揃え、お客さまに選べる楽しさを提供します。また、インストアベーカリーのラインナップを充実させ、焼きたての調理パンや菓子パン等を用意します。

()   精肉
 店内製造のレンジ調理品や味付け肉等の半調理品を充実させるほか、個食鍋等の簡便商品も新規に開発します。また、150g~300gの通常容量品の他に100g前後の小容量商品を豊富に取り揃えます。

()  青果
 すぐに食べられるカットサラダやベビーリーフ、駅前店舗で人気の半切り野菜や小規格の「使い切りサイズ」の商品を豊富に取り揃えます。また、季節の果物も小容量サイズを用意します。

()   水産
 新鮮なお刺身は単品から5点盛りまで取り揃えます。また、加熱するだけで美味しく召し上がっていただけるフライパン調理品やレンジ調理品等の簡便商品も用意します。

()  加工食品
 フリーズドライ商品やレトルトおかず、レンジ調理品などを多数品揃えします。また、調味料等は中・小容量品を豊富に取り揃えます。駅前店舗で人気の飲料・お酒もバラエティ豊富に用意します。

()  チルド
 「食べきりサイズ」やワンプレートの冷凍食品を幅広く展開します。また、生洋菓子や小物アイスを充実させるとともに、健康を意識した低糖質パン等も取り揃えます。

()  家庭用品・衣料
 お客さまの使用頻度が高い日用品を中心に取り揃えます。

お客様のお問い合わせ先
  京王ストアエクスプレス府中店
  TEL. 042-306-6911(8:00~24:00) 

                                                以 上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング