今年で終演を迎えるクリスマス・ライブショー『天使のくれた奇跡』シリーズ“10年の歴史”を物語る巨大ビジュアルが登場!

合同会社ユー・エス・ジェイ

クリスマス・アンバサダー「関ジャニ∞」も巨大広告に登場

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2019年1月6日(月)まで開催中のクリスマスイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」の巨大ビジュアル広告を11月19日(月)より公開しました。



今回公開される巨大ビジュアル広告では今年で10年目を迎え、ついにフィナーレを迎えるクリスマス・ライブショー『天使のくれた奇跡』シリーズの過去10年間の写真を使用しており、大阪・梅田のムービングウォークで、これまでの歴史を感じられる仕様となっています。(画像はイメージ)


2008年から始まった『天使のくれた奇跡』は、数々の世界最高の栄誉※1を手にし、300万人※2が涙したクリスマス・ライブショーとして知られ、関西を中心に全国に多くの感動を届けてきました。過去に『天使のくれた奇跡』シリーズを体験した方はその時の思い出に浸りながら、また、未体験の方は、華やかなショーやギネス世界記録に輝くツリーの美しさを、ビジュアルを通じて感じていただくことができます。また、パーク開業以来初のクリスマス・アンバサダーを務める「関ジャニ∞」も巨大広告として登場。期間中はフォトスポットとしても人気を集めそうです。

■広告スペース
実施場所:阪急 梅田駅 1階コンコース C通路

■掲出時期:
2018年11月19日(月)~11月25日(日)
※広告掲出に関する駅へのお問い合わせはお控えください

※1:テーマパークや常設アミューズメント施設の国際的業界団体であるIAAPA(International Association of Amusement Parks and Attractions、本部:米国バージニア州)が主催、世界的に最も優れたライブ・エンターテイメントに対して贈られる年間最高の栄誉である「2017 IAAPA Brass Ring Awards: Excellence in Live Entertainment」の「Best Theatrical Production: Annual Attendance over 3 million」(舞台・劇制作部門 年間集客3百万人以上の部)で最優秀賞を受賞

※2:2008年度~2017年度(2011年度を除く)の期間における「天使のくれた奇跡」鑑賞者数累計値(期間中の来場者に対して当社が実施した調査及びパーク運営基準に基づく試算値を含む)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング