奥山由之写真展「白い光」を開催

キヤノンMJ (

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘)は、キヤノンギャラリー S(所在地:東京都港区)にて、奥山由之写真展「白い光」を2019年3月7日より開催します。






○キヤノンギャラリー ホームページ:https://cweb.canon.jp/gallery/archive/okuyamayoshi-white/index.html

■ 概要
○開催日程:2019年3月7日(木)~ 4月15日(月)
○開館時間:10時~17時30分
○休館日 :日曜日・祝日
○開催会場:キヤノンギャラリー S(住所:東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー1階)
○交通案内:JR 品川駅港南口より徒歩約8分、京浜急行品川駅より徒歩約10分
○入場料 :無料


■ 展示内容
本展は、写真家・映像作家の奥山由之氏による写真展です。
多くの写真集出版や展覧会での作品発表に加え、映像作家としても活躍している奥山氏が、独自の感性でとらえた作品を展示します。
かつてない新たな試みによる展示会場内は「写真を見る」という行為について再認識できる空間構成になっています。
作品は、すべてキヤノンの大判プリンター「imagePROGRAF」でプリントし展示します。


■ 作家メッセージ
白い光

どこまでも深い海の水面を撫でるようにして、漆黒の闇を進む。
聞こえるのは、波の呼吸と、エンジン音。
夜の茂みに目が慣れるころ、遠くにちらほらと見える、白い光。
そろそろだろうか。揺られ続けて小一時間。
目を凝らして探したあの景色と肌寒さを、よく思い出す。

白い光は、夜明けを待たずして、1隻、また1隻と集まる。
やがて聞こえる演歌の合図と共に、網を投げ入れ、仕事が始まる。
時折視界を晴らすカメラの閃光…。

ふと、目を凝らして認識しようとする行為に、懐かしさを感じた。
僕らはいま、空間のみならず自己を取りまく全ての情報や環境を照らし出し、にも関わらず、受け身の
姿勢で、時折現れる「分からない」という感情から目を背けている。やがて加速する周辺視野への
散漫とした意識は、局所への注力を緩ませ、深度の浅いカラフルな大地を眼下に広げるのだろう。

未だ視覚や知覚は、” 視ること” と” 見ること” の境界を認識出来ているだろうか。
詩的に言えば、視えることで見えなくなったものがあるのではないか。
果たして、写真はいま、認識の対象にあるのか。

目を凝らし、光を照らす。

その光の先には、何がある。


■ 作家プロフィール
奥山由之(おくやま よしゆき)
1991年東京生まれ。2011年『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞。
2016年には『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞受賞。
著作は他に『As the Call, So the Echo』『君の住む街』『POCARI SWEAT』
『Los Angeles / San Francisco』『THE NEW STORY』『march』などがある。
主な個展は、「Girl」Raum1F(12年)「BACON ICE CREAM」パルコミュージアム(16年)、
「THE NEW STORY」POST(16年)、「Your Choice Knows Your Right」REDOKURO(17年)、
「君の住む街」表参道ヒルズ スペースオー(17年)、「As the Call, So the Echo」Gallery 916(17年)
など。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ