DMO、観光地域づくりマーケティングツール「観光予報プラットフォーム」3月末週末の観光予報

公益社団法人日本観光振興協会

2018年、各年齢層に人気のあった街はどこ? 観光予報プラットフォームのビッグデータを活用した観光教育を実践(経済産業省の「『未来の教室』実証事業」)

2019年2月18日現在にみる2019年3月末週末(3月30日~3月31日)の観光予報は、大阪でかなり混雑、東京、名古屋、広島、福岡で混雑が予想されています。また、箱根、京都でもやや混雑が予想されています。それ以外の地域はこちらから https://kankouyohou.com/docs/newsrelease_20190301.pdf


1 2019年3月末週末(3月30日~3月31日)の主な観光地の観光予報


2 2018年、各年齢層に人気のあった街はどこ?「2018年の年代別宿泊者数ランキング」
 2018年1年間における各年齢層での宿泊者数ランキングTOP3位は、以下の通りです。若年層、中年層ともに、1位は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが立地する大阪市此花区でした。老年層では、東京都港区が第1位となっています。また、札幌市中央区は、各年齢層ともに上位3位以内にランキングされています。
 それ以外のランキング、宿泊者参加形態、購入単価はプレスリリースをご覧ください。


3 観光予報プラットフォームのビッグデータを活用した観光教育を実践 
  観光予報プラットフォーム×未来の教室(経済産業省の「「未来の教室」実証事業」) 


  これからの観光振興は、経験だけなく、データに基づく効果的な取組みを考え、激化する競争に生き抜いていくことが求められています。そこで、世の中にあふれるオープンデータを見て、考えることを知り、観光産業を先導する人材の育成を目指し、宿泊実績・予約データ、さらには地域の観光資源・サービスに関するデータを収録する『観光予報プラットフォーム』を活用、旅行のプロフェッショナルとのコラボによる観光教育を実践するためのアプリを開発しました。詳細は事務局へお問い合わせください。
 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング