ECCでは駐日ザンビア共和国大使をお招きして、ザンビアビジネスセミナーを開催します

株式会社ECC

ECCでは「日本ザンビア友好協会」を1975年から設置しており、これまでに様々な交流活動を実施してきました。

株式会社ECC(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山口勝美)ではザンビア共和国大使館から駐日ザンビア共和国大使をお招きし『ザンビア ビジネスセミナー』を開催します。これは弊社内に設置している「日本・ザンビア友好協会」の活動の一環として開催するもので、日本とザンビア共和国の交流促進を目的としています。


プレスリリースPDF版:https://prtimes.jp/a/?f=d16929-20190320-1620.pdf

昨年開催されたイベントの様子


アフリカ南部の経済地域の中心地であるザンビア共和国は、新たなビジネス市場としてとても注目されている国の1つです。また今年はTICAD7(第7回アフリカ開発会議)が神奈川県横浜市で開催され、ますますアフリカ市場が注目を浴びています。
イベント当日は、駐日ザンビア共和国大使と参加者の方々とのコミュニケーションの場も設けている大変貴重なイベントとなりますので、是非取材いただければと思います。


■ イベント概要
・イベント名
ザンビアビジネスセミナー
・日時
3月22日(金) 13:00~15:00
・場所
株式会社ECC 東京本部ビル(東京都新宿区西新宿7-6-4)
・イベント内容
ザンビアでのビジネス事情について
駐日ザンビア大使と英語でコミュニケーション(ザンビアについて質疑応答など)


■ ECCとザンビア共和国との繋がり
ECCの創業者である故・山口勇が、アフリカ諸国に住む人々が貧困や病気に悩まされていることを知り、1975年12月に日本・ザンビア友好協会(以下、友好協会)を立ち上げ、支援を開始しました。
昨年12月にザンビア共和国の大統領が来日(日・ザンビア首脳会談等)された際には、友好協会の会長である弊社 代表取締役社長 山口勝美が、大統領謁見の機会を得、そこで情報交換をしました。

1975年 友好協会発足式の様子


1975年 大使一行と大阪城を散策


トラクター等の寄贈式の様子



■ ECCの社会貢献活動「ECC地球救済キャンペーン」
創業から間もない1969年からスタートした「ECC地球救済キャンペーン」は、広く募金活動を展開し、国内外で活動するさまざまな団体に対する支援を毎年行っています。環境破壊を食い止め、美しい世界を取り戻していくこと。それが世界平和を願うECCにとって、教育と同じくらい大切なことと考えています。



株式会社ECC  http://www.ecc.co.jp/
ECCは1962年創業以来、様々な教育活動を展開。幼児からシニア世代までそれぞれの目的を実現する独自のカリキュラムや教材を導入し、確かな成果を生み出しています。語学教育を通じて、時代にあった“真の国際人”としての資質を兼ね備えた人材を育てることをECCの使命としています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング