4月16日(火)東京でマンツーマン形式の世界MBAフェア開催!

QS Quacquarelli Symonds

イギリスを拠点とする世界的な大学評価機関 QS 主催 - 海外MBAフェア




4月16日(火)、ビジネススクールのアドミッションディレクターと面談ができる無料イベント「QS Connect MBA」が東京で開催されます。イベントを主催するのは、イギリスの高等教育評価機関クアクアレリ・シモンズ社(以下、QS)です。QSは業界最大規模のMBA、大学・大学院留学に関するイベントを世界各地で実施しています。また同社は、毎年世界で最も影響力のある世界大学ランキング(地域別、科目別ランキングを含む)を発表しており、世界各国の教育機関に関する研究実績には大変定評があります。QSの調査を基にしたこれらのランキングは世界中の大学、大学院進学希望者の間でひとつの指標となっています。

そんなQSが4/16(火)に主催するのは世界トップスクールのアドミッションディレクターとマンツーマンで面談ができる参加無料イベント「QS Connect MBA」です。このQS Connect MBAには、北米、欧州、アジアの世界各地から17のビジネススクールが新宿のパークハイアット東京ホテルに集結します。各スクールと面談時間を決定のうえ、CV(英文職務経歴書)を提出することで、スクールの説明や出願に関する個別アドバイスを受けることができます。

このイベントはそれだけではありません。17時からは各スクールのアドミッションディレクターや卒業生よるショートプレゼンテーション、18時からは「The value of an MBA」と題したトップビジネススクールによるパネルディスカッションも開催されます。マンツーマン面談とまで行かなくてもちょっとだけスクールの説明を聞いてみたい、MBAの価値を知りたい、と考えている人によっても大きな収穫があるはずです。

さらに参加者に嬉しい無料特典サービスが2つ。

1つ目は、プロキャリアコーチによるCV(英文職務経歴書)レビュー。CVは各ビジネススクールと直接コミュニケーションをとるために最初に必要になる書類です。「あなたは何者なのか」をスクールにしっかりと伝えるためにCVレビューサービスを是非ご利用ください。

2つ目は、プロカメラマンによるLinkedinプロフィール写真撮影。Linkedinはビジネス用SNSとして世界中のビジネスパーソンが利用しています。ビジネススクール側から出願者のLinkedinアカウントの提出を求められることも多々あります。今回のイベントで、Linkedinプロフィール写真撮影をして、プロフェッショナルらしいあなたのLinkedinを用意しましょう。

QS Connect MBA 参加ビジネススクール一覧
Rotman School of Management(Canada)
HEC Montréal(Canada)
ESSEC Business School, Paris (France)
ESMT Berlin (Germany)
SDA Bocconi School of Management (Italy)
Rotterdam School of Management (Netherlands)
ESSEC Asia-Pacific (Singapore)
Singapore Management University (Singapore)
IE Business School (Spain)
IESE Business School (Spain)
IMD (Switzerland)
Durham University Business School (UK)
Lancaster University Management School (UK)
Southampton Business School (UK)
Alliance Manchester Business School (UK)
Fordham University - Gabelli School of Business (US)
Hult Business School (US)
以外+トップビジネススクール卒業生参加(2018年卒業)




開催概要
QS Tokyo Connect MBA Fair & Networking Event
【日時】 4/16 (火曜日) 17:00-21:30
【会場】 Park Hayatt Tokyo Hotel
【登録・参加】 参加費無料

■お申込み方法
参加対象者は、1~2年以上のキャリアをお持ちで、英語が堪能な方。参加にはCV(英文職務経歴書)が必要になります。
*事前登録で参加費が無料となります。以下のURLより参加登録をお願いします。
QSイベントの参加申込みはこちらから: www.topmba.com/MBA_News

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング