サガテレビ主催の春フェス2019にて、日産サティオ佐賀と合同イベントを開催!

日本エコライフ株式会社 (


日本エコライフ株式会社(福岡県福岡市 代表取締役社長 山森卓夫 以下 日本エコライフ)は、株式会社日産サティオ佐賀(佐賀県佐賀市 代表取締役社長 丸地隆史 以下 日産サティオ佐賀)と、サガテレビ開局50周年サガテレビ春フェス2019「ここから先がおもしろい」(開催場所:佐賀県佐賀市 佐賀城内)に、合同でブース出展することを決定した。


日産LEAFe+(電気自動車)


春フェスブース写真(2018)
日本エコライフが運営管理する「ゆめソーラー」は、太陽光発電システムなどの環境エネルギー商品のプロショップとして九州地域で店舗展開しており、今回のイベントを日産サティオ佐賀と合同出展することで、太陽光発電システムと電気自動車を活用した「かしこく電気をつかう新しいライフスタイル」の提案も行う。


当日のイベントでは、日産サティオ佐賀によるリーフの実車展示に加えて、リーフの電気を使用して電化製品を実際に動かすデモを体験できる。


家庭内の電気の流れ(太陽光発電+オール電化+電気自動車)
V2H(*1)と呼ばれるシステムを導入することにより、太陽光発電から電気自動車に充電したり、電気自動車の電気を家庭に送って使用できる。災害などによる停電時にも、電気自動車の電気を使用することで、日産リーフなら一般家庭で2~4日分の電気を賄うことが可能。また2019年秋には、太陽光発電の固定買取期間(*2)が終了する住宅が全国で56万件あるといわれており、太陽光発電で発電した電気の活用に注目が集まっている。


V2H(*1)・・・Vehicle to Home(ヴィークル・トゥ・ホーム)の略で、電気自動車に蓄えた電気を家庭で利用できるシステムのこと。従来の設備は家から電気自動車への充電は可能だが、その逆は不可能だった。

太陽光発電の固定買取期間(*2)・・・住宅用太陽光で発電された電気を、10年間国が定める価格で電気事業者が買い取ることがことが義務付けられている。現行の固定価格買取制度へ移行する前の、余剰電力買取制度が開始したのが2009年のため、2019年には買取期間の10年間が終了する。

■株式会社日産サティオ佐賀について
・本社所在地:佐賀県佐賀市嘉瀬町大字中原1928番地2
・設 立:1966年4月7日
・代 表 者:代表取締役社長 丸地 隆史
「カーライフを通じて安心・安全・ワクワクを提供し、佐賀県の人々の生活を豊かにする」ことを企業理念として掲げ、佐賀県内に9店舗を展開。日産の誇る先進技術車 Nissan Intelligent Mobility の普及促進と、真心のこもったサービスの提供を行っている。( 詳細は https://ns-saga.nissan-dealer.jp/top.html

■日本エコライフ株式会社について
・本社所在地:福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目3-11 KDX博多南ビル8階
・設 立:1995年5月29日
・代 表 者:代表取締役社長 山森 卓夫
九州地区において大型ショッピングモールに『ゆめソーラー』を店舗展開し、太陽光発電などの環境エネルギー商材の販売・施工及びアフターメンテナンスを一貫して行っている。( 詳細は https://www.yumesolar.jp/
また同商材の卸事業を、会員制のWEBサイト『楽エネ』にて全国展開しており、東京事業所を中心に全国の販売店と取引している。( 詳細は https://rakuene-shop.jp/


■サガテレビ開局50周年サガテレビ春フェス2019「ここから先がおもしろい」
( 詳細は https://www.sagatv.co.jp/nx/fes2019/

【本件に関するお問合せ先】
日本エコライフ株式会社  総合企画部:中島
TEL:092-475-5200
FAX:092-475-5201
メールアドレス:ml_eigyo_kikaku@j-ecolife.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ