「にぎわいの里ののいち カミーノ」オープン(ニュースリリース)

大和ハウス工業株式会社

■PFI事業で地域の交流拠点を整備

 この度、大和リース株式会社(本社:大阪市中央区、社長:森田俊作)を代表企業とするSPC(特別目的会社)が整備を手掛けた「にぎわいの里ののいち カミーノ」が石川県野々市市にオープンします。


 この施設は2015年1月に野々市市より公告された「野々市中央地区整備事業」(PFI事業)において、当社を代表企業とするSPC【野々市中央まちづくり株式会社】が整備し2019年3月28日(木)に竣工します。本事業は野々市市の中央地区に、新たな市民活動の拠点を2ヶ所整備する計画で、2017年11月にオープンした「学びの杜ののいち カレード」に続き、2ヶ所目の施設となります。


公共棟 外観パース
■施設について
 にぎわいの里ののいち カミーノは、公共棟と民間棟の2棟からなる公民複合施設です。地域のコミュニティ拠点として市民の教養を高めるさまざまなサークル活動などの拠点となる 「中央公民館」と、市が推進する“市民協働のまちづくり”や“野々市ブランドの確立”の拠点となる「市民活動センター」の公共施設に加えて、にぎわい創出の一翼を担うような「商業施設」を一体的に整備したものです。

■施設概要

【現地案内図】



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング