中田英寿をはじめとした日本酒の専門家が全国数百種類の日本酒を利き酒し、選び抜かれた酒蔵のみが参加「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」

株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANY (

開催初日から約15,000人のお客様が来場!イベント開始から行列が絶えない大盛況の幕開けとなり、販売していた日本酒はイベント終了前に完売!

中田英寿が代表を務める株式会社JAPAN CRAFT SAKE COMPANYは、2019年4月19日(金)~29日(月・祝)の11日間、東京・六本木にて、日本全国から厳選した110の酒蔵と15の一流レストランが出店する日本最大級の“SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」が本日より開催しました。



今年のテーマは「日本酒と世界各国料理とのペアリング」。会期中の11日間で、アジアから欧州まで世界10か国の料理が登場。開幕に先立ち実施したオープニングセレモニーで中田英寿は、「日本酒を世界に伝えていくためには、ワインやシャンパンと同じように、様々なジャンルの料理とのペアリングを伝えることが重要だと思います。」と当イベントのテーマを策定した経緯を語りました。セレモニー終了後には、会場入り口にオープンを待つお客様の列ができ、平日の日中にも関わらず場内は大いに賑わいました。また夕方からは、スターターセット販売ブースに行列が絶えない状況が続くなど、大盛況となりました。

開催初日のお客様来場者数は、約1万5千人を超える方々が来場し、開催初日の出店10酒蔵の日本酒が、イベント終了時間前に全て完売いたしました。日本酒や日本文化の奥深さや楽しさに触れ、世界各国料理とのペアリングを通して“新しい日本酒体験”に出会うことのできる本イベントは、29日(月・祝)まで開催いたします。引き続き、本イベントにご注目ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ