【ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ】米紙「USAトゥデイ」の「10ベスト・リーダーズ・チョイス・アワード」で2019年度の“ハワイのベスト・ホテル”賞を受賞

マリオット・インターナショナル (

~ ハワイのホテル・リゾート部門20軒の候補の中から1位に選出 ~

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ(所在地:オアフ島ワイキキビーチ、総支配人:ダグラス・チャング)は、2019年7月12日、米国を代表する新聞のひとつ「USAトゥデイ(USA Today)」の「10ベスト・リーダーズ・チョイス・アワード(10Best Readers’ Choice Awards)」において2019年度の「ハワイのベスト・ホテル(Best Hotel in Hawai‘i)」賞を受賞いたしました。



旅行メディア・サイトの10Best.comの編集者や各分野の専門家、USA トゥデイの編集者などで構成されるパネリストたちの厳選なる審査によりノミネートされた同アワードの候補者リストには、ハワイのホテル・リゾート20軒が名を連ねました。投票ページは10Best.com上に開設され、、一般ユーザーによる投票が本年7月1日(月)までの4週間に亘り行われた結果、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチを筆頭にハワイのホテル・リゾートにおける2019年度のトップ10が決定いたしました。

2棟のタワーに552室のスタイリッシュな客室とスイートルームを有するワイキキ最新の高級リゾート、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチは、2016年7月の開業以来、今年で3周年を迎えました。全客室からホノルルの海を臨むことができる同ホテルは、オアフ島の高級ホテルでは最多となる246室のスイートルームを備えております。

館内には、プライベート・カバナ付きの2つのインフィニティプールや、数多くのセレブリティーの専属トレーナーとして知られるハーレイ・パスターナック(Harley Pasternak)氏のデザインによるフィットネス・センター、ヨガスタジオ、シアタールーム、そしてハワイの自然と伝統的な癒しをご提供するスパ施設を完備しています。

また、日本を代表する寿司の名店や世界的な高級グルメ・マーケット、そして今年オープン予定の3つの新レストランなど、様々なタイプの食体験をご堪能いただけます。

ホテルのご予約や詳細につきましては、こちらをご参照願います。

「オアフ島で初となるリッツ・カールトンが登場してわずか3年で、ハワイ諸島のトップホテルとしてこの名誉ある賞を受賞することができ大変光栄です。この賞は、リッツ・カールトンのブランド価値を高め、お客様に卓越した体験とサービスを提供することに大きな誇りを持っている我々スタッフ全員に与えられたものです。この名誉は彼らの真の努力の証であり、私は彼ら一人一人をとても誇らしく思います」(ザ・リッツ・カールトン・レジデンス ワイキキビーチ、のゼネラルマネージャー、ダグラス・チャン(Douglas Chang)のコメント)

USAトゥデイ」の「10ベスト・リーダーズ・チョイス・アワード」について
●「10ベスト・リーダーズ・チョイス・アワード」は、隔週の月曜正午に新しいカテゴリが登場し、各カテゴリに20の候補が公表されます。投票期間は4週間設けられ、各賞の投票は投票開始から28日目の正午に締め切られます。また、アワードの結果は、投票終了後の金曜日に発表されます。規則により1日にオンライン投票が出来るのは1カテゴリにつき1回のみと定められています。
●各アワードの候補者は、メディアやアメリカ大手情報社であるガネット(Gannett)社の情報を元に、10Best.comの編集者や各分野の専門家もしくは、USA トゥデイの編集者たちにより構成される専門のパネリストたちが選出します。各賞にノミネートされた候補者たちは、10Best.comの公式ウェブサイト上に表示され、「10ベスト・リーダーズ・チョイス・アワード」の投票はすべてウェブ上で行われます。
●「10ベスト・リーダーズ・チョイス・アワード」は、独立系旅行メディア・サイトの10Best.com上で開催されますが、アワードの投票結果は、「USA トゥデイ・トラベル・メディア・グループ(USA TODAY Travel Media Group)」のデジタルおよびモバイル製品、さらにはソーシャル・メディアを通じて発表されます。また、同賞にノミネートされた候補者たちは、USA トゥデイの関連部門やガネットメディアを通じて公表されます。

10Best.com について】
10Best.comは、アメリカ国内外の人気の観光名所や見どころ、レストラン情報などを旅行専門家の体験を基に独自の視点でユーザーに紹介するオンラインサイトです。同サイトには、旅行通なだけでなく各分野や地元にも精通した研究熱心な旅行スペシャリストたちが彼らの審美眼を通して投稿する記事が定期的に更新されます。 10Best.comの1ヶ月あたりの平均訪問者数は500万人です。また、 USA トゥデイは2013年1月に10Best.comを買収しています。

USA トゥデイについて】
USA トゥデイは、マルチ・プラットフォームのニュースおよび情報メディア企業です。 1982年に設立され、アメリカを真にひとつの国にするためのよりよい理解と団結のための公開討論の場として機能することを使命としています。USA トゥデイは、ビジュアルを使ったユニークなコミュニケーション手法を用い、印刷物、デジタル、ソーシャル、ビデオの各プラットフォームで高品質かつ魅力的なコンテンツを配信しています。ニュースと情報提供の世界に革新をもたらしてきたUSA トゥデイは、今までもまたこれからも国の動向を反映し、アメリカにおける話題の提供者としての役割を担ってまいります。1日辺りの平均発行部数が160万部超のUSA トゥデイはプリントメディアで第1位を誇る新聞です。また、USATODAY.comは、1995年に開設された受賞歴のある新聞サイトで、1日の平均アクセス数は660万となります。USA トゥデイはまた、1,600万ダウンロードを超えるモバイル・アプリの先導者でもあり、ガネット Co, Inc.(Gannett Co.、Inc.)(NYSE:GCI)が所有しています。

ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーについて
米国メリーランド州チェビー・チェイスに本社を構えるザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.は、現在30 の国と地域において100軒以上のホテルと45 軒以上のレジデンスを運営しています。各ホテルの詳細、およびご予約に関しては、ザ・リッツ・カールトンの公式ウェブサイト(http://www.ritzcarlton.com/jp) をご参照ください。また、最新の企業情報については、(news.ritzcarlton.com)をご覧ください。Facebook、Twitter、Instagramでも情報発信しており、ソーシャルメディアでリアルタイムに繋がるには、ハッシュタグ#RCMemories をぜひご利用ください。ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.は、マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR)の完全子会社です。ザ・リッツ・カールトンは、これまでのマリオット リワード、ザ・リッツ・カールトン・リワード、スターウッドプリファードゲスト(SPG)に代わり新たに誕生したマリオットの旅行プログラム、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)に参加しています。Marriott Bonvoyは会員の皆さまに並外れたグローバルブランドポートフォリオやMarriott Bonvoy Momentsでの体験、そして無料ホテル宿泊に向けたポイントやエリートステータス昇格に向けた泊数獲得を含む、比類なき特典をお届けします。無料会員登録やプログラム詳細については、(MarriottBonvoy.marriott.com)をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ