2020年も笑顔で楽しい幕開けを!お正月を盛り上げるイベントをアートフォーラムあざみ野で開催!

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団 (

アートフォーラムあざみ野(横浜市・青葉区)では、新年の幕開けを賑わせる2つのイベント、1/5(日)「横浜都筑太鼓」の演奏、1/12(日)「新春!金原亭馬玉独演会」を開催します。


12月も中旬に差し掛かり、2019年も残りわずかとなりました。
本日12月13日は「正月事始め」の日。昔は、竈(かまど)から出る煤(すす)を払う「煤払い」、門松にする松やおせちを調理するための薪を採りに行く「松迎え」などのお正月の準備を、縁起の良い日とされる12月13日より始めていました。

さてそんな「正月事始め」の本日は、アートフォーラムあざみ野(横浜市・青葉区)で開催する2020年新春のイベント2つをご紹介します。令和初のお正月はぜひ、アートフォーラムあざみ野で楽しいひと時を過ごしませんか?


ロビーコンサート「横浜都筑太鼓」


昨年度の様子

横浜都筑太鼓は、伝統的な和太鼓の響きを独自にアレンジし、地域に根付く新しい郷土芸能を目指し日々活動しています。お正月ならではの獅子舞は、頭を噛まれるとその年は無病息災で元気に過ごせるという言い伝えもあり、縁起ものとして風物詩となっています。
1月5日(日)は、迫力満点の太鼓の演奏と獅子舞をぜひお楽しみください!


昨年度の様子


【横浜都筑太鼓 プロフィール】
伝統的な和太鼓の響きを独自にアレンジし、青少年健全育成と、地域に根付く新しい郷土芸能をめざして、横浜を中心にボランティア、各種イベント、アトラクションなど、一年間を通して活動しています。近年では、2009年横浜ドラゴンボートレース、横浜開港150周年イベント、青葉区制15周年音楽フェスティバル、2010年横浜ベイスターズ激励会、山形県飯豊町公演、アジア太平洋経済協力会議(APEC)など多数のイベントに出演。2016年に結成30周年を迎え、記念公演などを行いました。






あざみ野寄席2020 新春!金原亭馬玉独演会



あざみ野寄席!新春金原亭馬玉独演会(2020年1月12日開催)チラシ


新春めでたく笑い初め!
アートフォーラムあざみ野 毎年恒例「あざみ野寄席」。今回は、広々スペースのレクチャールームに会場を移して開催します。
出演は、実力派真打・金原亭馬玉師匠と太神楽の翁家和助さんのお二人。笑う門には福来る!抱腹絶倒間違いなしのあざみ野寄席をぜひお楽しみください。






【出演者】

金原亭馬玉
金原亭馬玉(きんげんてい ばぎょく)
 2000年4月  十一代金原亭馬生に入門
 2000年7月  楽屋入り 前座名「駒介」
 2003年11月 二ツ目昇進「馬吉」と改名
 2015年3月  真打昇進 二代目「馬玉」を襲名



翁家和助
翁家和助(おきなや わすけ)
 1995年 国立第一期太神楽研修開始
 1998年 同研修修了 落語協会にて前座修業
 1999年 前座修業修了
      師匠和楽・小楽と共に都内各所の舞台、寄席を中心に活動。現在に至る。



「あざみ野寄席2020 新春!金原亭馬玉独演会」チラシはコチラから→
https://prtimes.jp/a/?f=d14302-20191206-9779.pdf


お問合せ

横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)
TEL:045-910-5656
FAX:045-910-5674
メールアドレス:info@artazamino.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ