トークイベント『時代をサヴァイヴするメディアアーティスト』12/14(土)開催!

文化庁 (

文化庁「メディア芸術クリエイター育成支援事業」に採択され、世界的に活躍するメディアアーティストたち。「アーティストとしてどうのようにサヴァイヴしてきたか」「どうやってサヴァイブしていくか」をテーマにトークイベントを開催します。https://creatorikusei.jp/?p=5654






イベント概要

日程:2019年12月14日(土)(12:30 開場/13:00 開始/14:20 終了)
会場:FabCafe MTRL(東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 FabCafe Tokyo 2F)
申込:下記URLよりお申し込みください。
https://peatix.com/event/1385425
登壇者:滝戸 ドリタ、古舘 健、安野 太郎
モデレーター:久保田 晃弘
参加費:無料
定員:40名
主催:文化庁
協力:FabCafe MTRL
運営・お問い合わせ
メディア芸術クリエイター育成支援事業事務局<CG-ARTS内>
TEL 03-3535-3501(受付時間:平日10時~17時30分)
公式サイト:https://creatorikusei.jp/?p=5654


メディアアーティストのこれまでとこれから

 文化庁は、若手クリエイターの創作活動を支援することにより、次世代のメディア芸術分野を担うクリエイターの水準向上を図るとともに育成環境を整備する「メディア芸術クリエイター育成支援事業」を実施しています。この度、本事業について紹介するトークイベント『時代をサヴァイヴするメディアアーティスト』を12月14日(土)に東京・渋谷にて開催します。

文化庁メディア芸術祭で評価された後、本事業に採択され、世界的に活躍するメディアアーティストを招き、それぞれがアーティストとして「今までどうやってサヴァイヴしてきたか」そして「これからの時代、どうやってサヴァイヴしてゆくか」をテーマにトークを行います。それぞれの活動を振り返りつつ「これから」を指し示す場といたします。

登壇者は、滝戸ドリタ氏、古舘健氏、安野太郎氏。そしてモデレーターとして本事業のアドバイザーである久保田晃弘氏が登壇します。ぜひご参加ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ