ソニー教育財団、ソニー・エクスプローラサイエンス共同企画『第9回「科学する心」を見つけようフォトコンテスト』写真展を開催 “科学を探求する子どもたちの姿”をおさめた入選作品を展示

2016年9月13日 火曜日 1:42 PM


 ソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F)では、公益財団法人 ソニー教育財団と共同で、2016年9月21日(水)より、『第9回「科学する心」を見つけよう フォトコンテスト』の入選作品を集めた写真展を開催いたします。

 ソニー教育財団では、子どもたちが人や自然、ものとの様々なかかわりを通して、思いやりの心や豊かな感性、創造性の芽生えを育むことを「科学する心を育てる」と表し、大切に考えています。
 本写真展では、ソニー教育財団が毎年実施しているフォトコンテストのうち、2015年11月1日から2016年2月29日までの期間に募集した、保護者が撮影した就学前の子どもの「科学する心」が伝わる183の応募作品の中から、入選した52作品を展示いたします。

<『第9回「科学する心」を見つけよう フォトコンテスト』写真展 実施概要>
【実施期間】2016年9月21日(水)~ 2016年11月末日(予定)
【会 場】ソニー・エクスプローラサイエンス 内「スタジオSES」(東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F)
【主 催】ソニー株式会社
【協 力】公益財団法人 ソニー教育財団
【入場料】無料 ※常設展示エリアは、大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円・2歳以下無料

【科学する心賞】入選作品 『ヒマワリの観察』 makaho(和歌山県)
【科学する心賞】入選作品 『どんなにおい?』 アルパカ(兵庫県)

<ソニー教育財団について>
 ソニーの創業者である井深大は、日本の将来の発展を支える子どもたちが科学に関心をもち、科学を好きになるには、小・中学校における理科教育が最も重要であると考えました。会社名をソニーへと変更した翌年の1959年に、学校への支援「ソニー理科教育振興資金」の贈呈事業を始めました。
 一方で、井深大は「人間の能力は“ 環境”によって作られる」との考えから、幼児教育の大切さを訴え、1969年に「財団法人幼児開発協会」を設立。2001年には、2つの財団を統合して「財団法人ソニー教育財団」となるとともに、幼児教育支援プログラムを開始して、幼稚園・保育所・認定こども園への支援を行っています。2011年に公益財団法人に移行し、現在に至ります。

『「科学する心」を見つけよう フォトコンテスト』に関する詳細はこちら:http://www.sony-ef.or.jp/sef/contest/


【ソニー・エクスプローラサイエンス施設概要】

◆営業時間:11:00~19:00(最終入場 18:30)
 休館日 :第2・第4火曜日(祝日等を除く。詳しくはお問い合わせください。)
◆入場料金: 一般  大人(16歳~) 500円、小人(3~15歳) 300円
      団体(15名以上) 大人400円、小人200円
      ※障がい者手帳をお持ちの方、およびその付き添い1名は無料
◆住 所 :〒135-8718東京都港区台場1-7-1メディアージュ5F
◆電 話 :03-5531-2186 (受付時間 11:00~19:00)
◆公式URL:http://www.sonyexplorascience.jp/

「ソニー・エクスプローラサイエンス」は、ソニーのエレクトロニクス製品や、ソニーグループのエンタテインメント・コンテンツ(映画、音楽、ゲームなど)に活用される最新技術を楽しく学べる体験型科学館です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内