「第 8 回世界花火師競技会」結果発表 初出場の日本代表 “株式会社イケブン”(静岡県)が世界一の座に輝きました

2016年9月28日 水曜日 2:12 PM


 ハウステンボス(長崎県佐世保市)では、世界一の花火師を決める「第 8 回世界花火師競技 会」の決勝戦を 9 月 24 日(土)の九州一花火大会で実施。日本代表と海外代表アメリカとの決戦により“株式会社イケブン”が世界一に輝きました。20 分間の演出花火の中には漫談を織り交ぜたコミカルな演出も印象的でした。
 そして、渾身の一発で技を競う「尺玉品評会」では 15 チームが出場。それぞれ自由なテーマで一発の尺玉に表現した中から、お客様による WEB 投票を実施。その結果、北日本花火興業 (秋田県)が最も多い票を獲得しピープルズチョイス賞に決定いたしました。
 大会当日は 35,000 人を越えるお客様に来場いただき、およそ 2 時間半の間で 22,000 発の九州一となる花火をご覧いただきました。来年も世界一の座を目指した見逃せない戦いにどうぞ ご期待ください。


【優勝した日本代表チーム“株式会社イケブン”の花火】


【一尺玉品評会 ピープルズチョイス賞を受賞した 秋田・北日本花火興業】


< 一尺玉品評会 結果発表 >

1位(ピープルズチョイス賞) 秋田・北日本花火興業/【タイトル】ノートルダム大聖堂のステンドグラス
2位(佐世保市長賞) 山梨・マルゴー/【タイトル】彩色輝煌花
3位(ハウステンボス賞) 長野・伊那火工堀内煙火店/【タイトル】八重芯朧菊

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内