『びわ湖の素・米原』交流人口の増加・移住定住の促進キャンペーン「ようこそ、きたよ、おいで、米原!」

2016年9月29日 木曜日 4:23 PM

米原の魅力がギュッと詰まった18mの巨大パノラマタペストリーが出現!10月1日(土)より、JR米原駅自由通路展示ギャラリーにて企画展開始!

滋賀県米原市(市長:平尾道雄)は、交流人口の増加・移住定住の促進をテーマとしたキャンペーンとして、 JR東海道本線「米原駅」の自由通路にある展示ギャラリーを活用した企画展の第一弾を10月1日(土)より開始します。




 滋賀県米原市(市長:平尾道雄)では、交流人口の増加・移住定住の促進をテーマとしたキャンペーンとして、

JR米原駅の東西自由通路にある展示ギャラリーを活用した企画展の第一弾を10月1日(土)より開始します。

本市では、2000年頃をピークに人口減少の局面に入っており、国立社会保障・人口問題研究所の推計では、

2040年には現在より1 万人近く減少すると予測されています。この人口減少問題に立ち向かうため、平成27年

4月に『米原市シティセールスプラン』、平成27年10月に『まち・ひと・しごと米原創生総合戦略』を策定し、

“『びわ湖の素・米原』だからヒトが生きるにはココチよい” をコンセプトとした、まちの “雰囲気を創り” 、      
“人気を集め” 、米原市に暮らすことの “満足を高める” ことを目的に、統一感を持たせたプロモーションを

展開しています。

本企画展では、「ようこそ、米原!」「きたよ、米原!」「おいで、米原!」をキャッチコピーに、18mの

巨大パノラマに米原の魅力を凝縮したタペストリーをはじめ、米原に魅力を感じて移住されて来られた方々、

そして米原が誇るビワマス・伊吹そばなどの “モノ” 、ジャパンエコトラック・米原曳山祭などの “コト” を

紹介する展示を行います。

■JR米原駅自由通路企画展概要

掲出場所:JR米原駅東西自由通路

掲出期間:10月1日(土) ~

※2月1日(水)より第2弾ビジュアルに変更

・ようこそ、米原!:W18,000×H2,500



・きたよ、米原!:W1,700×H1,500








・おいで、米原!:W3,300×H1,500



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内