アイデムフォトギャラリー[シリウス]  久々湊 陽一写真展「時間を待つ妖艶花」 期間:2016年10月13日(木)~10月19日(水)

2016年10月10日 月曜日 10:12 AM

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮)http://www.aidem.co.jp/が運営するフォトギャラリー[シリウス]http://www.photo-sirius.net/は、久々湊 陽一写真展 「時間を待つ妖艶花」を10月13日(木)~10月19日(水)に開催いたします。



■写真展案内
世界中の大地に咲く多種多様な花たちは、巨大都市東京に集まってきます。
時間(とき)が経過し、ある花は自生し、ある花は公園の花壇や土手に、ある花は熱帯植物園に、
ある花は公共の場所の花畑に咲き誇り人々の目を楽しませています。
花たちは、貌(かたち)を変えながらその時々に一瞬の美を放ち、遂には朽ち果て大地に還ります。
やがて種となりて水とともに、再びそれぞれの花が華やぎ煌めく季節(とき)を待ちます。
人知れず、花の貌は、不思議な光に包まれていたり雨粒の中で光り輝いていたり
闇の中で妖しい発光体となって潜んでいたりします。
その中でも、ひときわ妖しく艶(あで)やかに変容していた一瞬一瞬の美を見つけ出しては
十数年の歳月を掛けてデジタル一眼レフカメラで撮影してきました。
展示作品は、モノクロ、モノトーン、カラー写真、あわせて約50点の予定です。
(モノクロ15点、モノトーン15点、カラー20点)


久々湊陽一(Kukuminato Youichi) 略歴
1950年 北海道生まれ
1980年 株式会社アートセンターを経てフリーの写真家として活動する。
その後、渡欧し旧西ドイツのデュッセルドルフでコンセプチュアル・アートを
学び独自の写真表現を構築し帰国する。
現在まで幅広いフィールドで活躍し国内外で多数の写真展を開催している。
写真専門雑誌コマーシャルフォトの「ニューフォトの旗手たち」では
写真家・久々湊陽一の写真作品が取り上げられ特集される。
誠文堂新光社の写真集「EROS」やそのシリーズでは、写真作家として
数々のヌードフォト作品を発表している。
2016年8月10日に、処女写真集「裸の桃源郷」を上梓した。

【日時・会場】
会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス]
(東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分)
〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
期間:2016年10月13日(木)~10月19日(水)
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日
入場料:無料

写真展の様子は「シリウスブログ」でもご紹介します!
■シリウスブログ
PC:http://www.photo-sirius.net/blog/

[お問い合わせ]
アイデムフォトギャラリー シリウス事務局
担当:山下洋一郎・澤本慶子
TEL:03‐3350‐1211
http://www.photo-sirius.net/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内