「熊本弁ネイティブの会」による熊本復興に向けた県産品販売&募金イベント 第4弾!地元の有機野菜や味噌・醤油などを地元の言語“熊本弁”で紹介、販売します!

2016年10月14日 金曜日 7:19 PM

日時/会場:10月16日(日)、12~16時・港南緑水公園 ワールドシティタワーズ秋祭り

「熊本弁ネイティブの会」(会長:平野洋一郎(インフォテリア株式会社社長) 以下 同会)は、10月16日(日)に港区立港南緑水公園で開催される「ワールドシティタワーズ秋祭り」で熊本地震による被災農家、被災メーカーの復興支援のための産直品販売「熊本復興支援ブース」を出展します。熊本弁ネイティブの会により復興支援活動は今年4回目となります。売上金は全額を生産者に還元するとともに募金活動(Music for Kumamotoへの寄付)も実施することで、熊本地震から半年が経ちますが復興にはまだ道半ばである故郷の支援活動を熱意あふれるメンバーが行います。


■「ワールドシティタワーズ秋祭り」で「熊本復興支援ブース」を出展する目的
震災から半年の節目に、熊本の被災地のいまを知ってもらうとともに被災農家・メーカーの物販を通じて復興に貢献しつつ、港南地区のコミュニティー造成に寄与するために出展します。


★どんな場所で?
「ワールドシティタワーズ秋祭り」は、品川駅から少し離れた(徒歩で10~15分)水際の港南緑水公園にて開催。T.Yハーバーブルワリーさん、トラムストップカフェさんなどが出展される中、「地方創世マルシェ」へのブース出展です。

★どんなものが買えるの?
・生鮮品
ピーマン、レンコン、おくら、坊ちゃんカボチャ、ラディッシュ、パプリカ、米ナス、里芋、人参、早生みかん ※いずれも有機または低農薬栽培です。


・加工品
幻のあま酒、赤酒のど飴、赤酒醤油、くまモンの卵ごはんにかける醤油、桂花ラーメン、熊本復興コーヒー、阿蘇バジルドレッシング、熊本県産原料合わせみそ、粒柚子こしょう、五色もなか、武者返し、くまモンの熊本城絵葉書、菊鹿シャルドネ押し葉、プロポリスキャンディーなど。

★Music for Kumamotoとは?
様々なジャンルの音楽家が集まり、コンサートなどを通じて、熊本地震復興支援を継続するコミュニティーです。(WEBサイト https://www.facebook.com/music.for.kumamoto/

<「ワールドシティタワーズ秋祭りの概要>
会場:港区立港南緑水公園(東京都港区港南四丁目7番47号)
開催日時:10月16日(日)12:00~16:00
主催:ワールドシティタワーズ自治会・防災会 共催

<参考情報>

■『熊本弁ネイティブの会』について
( Facebookグループ https://www.facebook.com/groups/kumamotoben/
同会の平野会長がFacebook上で2012年5月31日にスタート、現在は751人のメンバー(2016年5月1日現在)が参加しています。Facebook上でのやり取りはもちろん、定期的な懇親会など「オフ会」の場においても、“熊本弁だけで話す”というルールに沿ってコミュニケーションがなされています。同会メンバーは、標準語では表現しきれない微妙なニュアンスが伝えられる、心の中の全てを話したくなるなど、熊本弁で語る魅力を語っています。

(オフ会の様子)

また、今年の5月に開催された第26回 森と花の祭典 みどりの感謝祭「みどりとふれあうフェスティバル」(主催:農林水産省・林野庁、国土緑化推進機構等)では、「熊本支援ブース」を出展し熊本地震による被災農家や被災メーカー等から直接仕入れた県産品をチャリティ販売。ブースでは「緑の募金」なども実施し熊本の復興支援に大きく貢献したことから国土緑化推進機構から感謝状(右写真)が贈呈されました。それ以降も復興支援イベントは継続していて、今回で4回目となります。




【プレスリリースに関するお問い合わせ先】
インフォテリア株式会社 広報・IR室(熊本弁ネイティブの会 報道窓口):長沼史宏
TEL:03-5718-1297 / 携帯:080-7834-0841 / E-mail: press@infoteria.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内