苦くないフルーティなコーヒーが人気、東京・吉祥寺のLIGHT UP COFFEE、ついに関西上陸!京都・出町柳に10月22日よりOPEN!

2016年10月17日 月曜日 5:20 PM

LIGHT UP COFFEE(本店所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-13-15、代表取締役:川野優馬)は、関西エリア初となる店舗を、10月22日(土)より京都・出町柳にオープンします。


吉祥寺で大人気のコーヒーショップLIGHT UP COFFEEの2店舗目はなんと京都にオープン。京都・出町柳から、素材にこだわるシングルオリジンコーヒーの魅力を、10月22日(土)より発信します。
焙煎で苦味を加えないことでコーヒー豆が本来持つフルーティな風味が楽しめる、スペシャルティコーヒー専門店です。


農園ごとの個性を楽しむ浅煎りのコーヒーがこの店の魅力。


関西初上陸となるこの店舗は、特にコーヒーの体験に特化。「素材」としてのコーヒーを伝えるために、内装の素材にもこだわりました。自然と手に触れるカウンターやドアの材質、ピッチャーやカップをテーブルに置く音などにまで気を使って設計した内装は、スギやヒノキなど国産の木材をふんだんに使った「和」なデザイン。パッケージもリニューアルし、味はもちろん見た目や触感からも素材へのこだわりが伝わるようにつくりました。


入り口にはコーヒーを外で楽しめるウッドデッキ。


ヒノキのカウンターに石畳の床。奥には小上がりがある和な内装。
コーヒー器具をモチーフにしたオリジナルのランプも。

吉祥寺店での看板メニュー「飲み比べセット」もヒノキのお盆で提供予定。出町柳駅から徒歩1分、鴨川から徒歩30秒という好立地を活かし、お持ち帰りで川沿いでコーヒーをお楽しみいただくことも。目の前は有名な和菓子屋さん「出町ふたば」。おいしい和菓子と合わせてもお楽しみください。

農園ごとのコーヒーが比べられる「飲み比べセット」680円。

京都店限定のKYOTO BLEND 100g 900円。
すぐ隣は鴨川デルタ地帯。和菓子にも相性抜群の優しい味のコーヒーです。

さらに、より多くの若い人にコーヒーを好きになってもらいたいという思いから、大学生は全員半額の学割サービスも開始予定。出町柳駅付近の京都大学や同志社大学などに通う学生に嬉しいサービスです。


【LIGHT UP COFFEE 京都・出町柳店 概要】

プレオープン: 2016年10月21日(金)12時~18時
オープン日: 2016年10月22日(土)9時~

店名: LIGHT UP COFFEE KYOTO(ライトアップコーヒー京都)
住所: 京都府京都市上京区青龍町252番地(京阪・出町柳駅より徒歩1分、バス停・河原町今出川より徒歩1分)
施工: 村上建築工舎
電話: 未定
営業時間: 9:00~20:00
URL: http://lightupcoffee.com/

ドリップのほかラテやエスプレッソも。


デザインのテーマは正方形。京都の碁盤のようなテーブルは入り口ウッドデッキに。


【スペシャルティコーヒーの魅力】

昨年に東京へ上陸したBlue Bottle Coffeeが話題になるなど、日本でも注目度の高まってきている「スペシャルティコーヒー」。旧来のコーヒーとの何よりの違いは、作り手を大事にし、焙煎で焦がして苦味を加えずに、誰がどこでどう作ったかという個性を楽しむコンセプト。コーヒー本来のフルーティな風味で、苦味なくクリアに味わえます。LIGHT UP COFFEEでは季節ごとに、本当に丁寧に作られたコーヒーを仕入れ、自家焙煎し、それぞれの素材としての魅力を発信しています。




【LIGHT UP COFFEEとは】
LIGHT UP COFFEEは「コーヒーで人々の生活を明るく照らす」ことをコンセプトに、吉祥寺からスペシャルティコーヒーの魅力を発信。農作物としてコーヒーを扱い、産地や作り手ごとの個性の違いや、素材本来の風味を楽しむ新しいコーヒー文化を広めていきます。また、家庭で楽しむためのドリップセミナーや焙煎ワークショップまで行うほか、バリスタスクールなども開催。WEBSHOPよりコーヒー豆やオリジナルグッズの販売も行っています。
数多くの雑誌やWEB媒体、書籍などに掲載されているほか、オーナーの川野と相原がNHK「U-29」に取り上げられるなど、今勢いのある新しいコーヒーショップです。




保存保存保存保存

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内