創流90周年記念 第98回草月いけばな展「花は、私になる。」

2016年10月24日 月曜日 10:35 AM

2017年に創流90周年を迎える草月流では、全国各地で90周年を祝うさまざまな展覧会やイベントを開催中です。

いけばな草月流は、1927年に初代家元・勅使河原蒼風によって創流され、2017年に創流90周年を迎えます。 2016年10月26日(水)~31日(月)の6日間、日本橋高島屋8階において 創流90周年記念 第98回草月いけばな展「花は、私になる。」を開催します。



第98回草月いけばな展「花は、私になる。」



来年、創流90周年を迎える今年の草月展では、1階正面ステージに初代家元・蒼風のオブジェ、6面のショーウインドーに3代目・宏の書と陶作品、そして8階に2代目・霞の作品を再現して展示します。草月を代表する作家から、4代目・茜の指導する茜ジュニアクラスの生徒まで730名が歴代家元と共鳴しながら、それぞれ1年の研鑽の成果を発表します。茜家元が率いる個性溢れる「花」の饗宴をお楽しみください。

◆日本橋高島屋「草月いけばな展」概要
【名称】創流90周年記念 第98回草月いけばな展「花は、私になる。」
【展覧会期】2016年10月26日(水)~31日(月)
  1期:10月26日(水)・27日(木) / 2期:10月28日(金)・29日(土)
  3期:10月30日(日)・31日(月)
  午前10時30分~午後7時30分 ※ご入場は閉場時間30分前まで
  ※ただし10月27日(木)、29日(土)、31日(月)は午後6時閉場  
【会場】日本橋高島屋 8階ホール
【入場料】当日券1,000円(税込) 中学生以下は無料



            勅使河原茜家元作品<2015草月いけばな展(日本橋高島屋)>

≪草月流第四代家元・勅使河原茜よりメッセージ≫
1927年、勅使河原蒼風が草月を創流したのは26歳の時でした。若き蒼風が抱えていた創造へのエネルギーを受け止めるには、当時のいけばなの世界はあまりにも小さく硬直していたのかもしれません。「いけばなは、生きている彫刻である。」「花で人間をいけるので、人間が花をいけるのではない。」「植物がないからなんにもつくらないなんて、そんな馬鹿なことは考えない。そこに石があったら石、若しくは土があったら土をいけるだろう。」そう語った蒼風の作品は、いのちのかたまりそのもの。エネルギーがほとばしり、創るよろこびがあふれていました。創流以来90年間、草月のいけばなは、この蒼風のおもいを受け継ぎ、自由と創造の精神を謳い続けてきました。花は私たちであり、花は私たちの生きる力とよろこびである、と。「花は、私になる。」700名余のいけ手がこの言葉を心に響かせて、植物に向き合います。いけること、すなわち創造することのすばらしさを未来につないでいくために。



◆家元・プロフィール
勅使河原茜(てしがはら あかね) 草月流第四代家元。
植物の生命感を最大限に引き出すみずみずしいいけばな作品を発表するかたわら、幼稚園教諭の経験を生かし、いけばなを通じて子どもの感性を培う「茜ジュニアクラス」を指導する。ダンサー、ミュージシャン、書家など他分野アーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組むとともに、いけばなの制作過程を臨場感あふれる大胆な演出で展開する「家元いけばなLIVE」を全国各地で開催し、新しいいけばなの表現を追求。国内外でのいけばなデモンストレーションやワークショップなどの活動により、国境を越えて、あらゆる世代に花をいけるすばらしさを発信している。



草月創流90周年



いけばな草月流は、1927年に初代家元・勅使河原蒼風によって創流され、2017年に創流90周年を迎えます。
創流90周年期間の2016年4月~2018年3月、全国各地でさまざまな展覧会やイベントを予定しています。

●第98回草月いけばな展「花は、私になる。」
 2016年10月26日(水)~31日(月)日本橋高島屋にて、第98回草月いけばな展を開催
●勅使河原茜個展
 2017年4月5日(水)~10日(月)草月会館にて、6年ぶりとなる勅使河原茜家元の個展を開催
●創流祭
 2017年4月9日(日)舞浜アンフィシアターにて、創流祭を開催
●草月いけばな展
 2017年初夏、開催予定
●2017年秋 第99回草月いけばな展
 2017年秋、開催予定

≪草月流のあゆみ≫
草月流は、日本の伝統芸術「いけばな」を伝統の枠から解き放ち、約90年に亘って新時代の表現を探求し続けてきました。草月の作品は、個人の宇宙を作り出す小さな作品、商業空間を彩るディスプレー、野外空間や大空間を変容させる大規模な作品など多種多様ですが、それぞれの作品の根底には常に自由な創造精神と時代性が流れています。初代家元勅使河原蒼風の没後、勅使河原霞、勅使河原宏、そして2001年には勅使河原茜が家元を継承致しました。勅使河原茜は、その柔らかな感性と繊細かつ大胆な表現力で新しい潮流を生み草月を率いています。


◆団体概要
【社名】一般財団法人草月会
【代表】理事長 勅使河原茜(草月流家元)
【所在地】〒107-8505 東京都港区赤坂7-2-21
【事業内容】いけばな教室や展覧会の開催を通していけばなの普及を行う。
いけばな指導の有資格者が加入する「草月指導連盟」の管理及び運営。

【いけばな草月HP】http://www.sogetsu.or.jp/
【いけばな草月公式Facebook】https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu
【いけばな草月公式Instagram】https://www.instagram.com/ikebana.sogetsu
【草月イメージキャラクター「いけるちゃん」Twitter】https://twitter.com/ikeru_chan

(作品写真は勅使河原茜家元作品。その他、本展チラシ、90周年ポスター、勅使河原茜ポートレート)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内