横浜で過ごす11月3日「文化の日」。横浜美術館は開館記念日として観覧無料!横浜散策と共に現代アートを楽しんでみませんか?

2016年10月26日 水曜日 10:48 AM

「横浜美術館 無料開館」「黄金町バザール2016-アジア的生活」

近ごろはお天気も安定しはじめ、ようやく秋晴れが続くようになりました。 お出かけしたくなるこの時期、11月3日「文化の日」は横浜美術館の開館記念日。 どなた様も無料で観覧できます! そのほか、街とアートが共存する「黄金町バザール2016-アジア的生活」など、 この時期、現代アートのイベントが盛りだくさん! ぜひ文化の日を横浜で過ごしてみてはいかがでしょうか?



横浜美術館で観覧無料! ※メアド登録で先着200名様にプレゼントあり


横浜美術館は1989年11月3日「文化の日」に開館しました。これを記念し、現在開催中の企画展「BODY/PLAY/POLITICS」「コレクション展2016年度第2期」をどなたでも無料でご覧いただけます!

ウダム・チャン・グエン《ヘビの尻尾》20152016年(会場風景)(C)UuDam Tran Nguyen. Courtesy of the artist. photo Yuri Manabe
また、当日は横浜美術館メールニュース新規登録キャンペーンを行います。
11時から14時の間にご来館のうえメールニュースに新規ご登録いただいた先着200名様に、
横浜美術館オリジナルグッズをプレゼント!
この機会に、ぜひご来館ください♪
 




黄金町バザール2016—アジア的生活







 黄金町地区はかつて売買春等をおこなう違法な小規模店舗により、環境の悪化が深刻な問題となっていました。
しかし地域住民の働きかけにより、2005年に神奈川県警察本部がバイバイ作戦を実施。
違法な小規模店舗の営業は閉鎖されたのです。
そして2008年には高架下に文化芸術スタジオが建設、アートを活かした新しいまちづくりを目指す「黄金町バザール2008」が開催されました。
9回目となる今回は、過去最大数54組のアーティストが参加。
黄金町をテーマに作品を発表する「アートプロジェクト」
元違法風俗店をリノベーションし、住民とともにまちの魅力を再発見する「まちプロジェクト」
を2つの柱にとして展覧会を構成。
アーティストの視点から黄金町の多様な可能性を発見していきます!








 
 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内