それいゆ・中原淳一の美しき女性達がスーパードルフィーで蘇る

2016年11月1日 火曜日 1:32 PM

~ Super Dollfie in 中原淳一の世界 ―夢と美の創造― ~

模型・玩具・ドール商品の企画、製造、小売を手掛ける株式会社ボークス(京都市下京区)は、中原淳一が創刊し、今年で創刊70周年の記念を迎える伝説的な日本女性誌「それいゆ」と日本が世界に誇るボークス社のオリジナルドール「スーパードルフィー(SD)」による特別合同企画を実施いたします。



1946年に女性誌「それいゆ」を創刊、日本文化に多大な影響を与えた中原淳一は18歳のときに趣味で作ったフランス人形がきっかけで雑誌「少女の友」の挿絵を手がけるようになり、その後、画家、編集者、デザイナーとして活躍いたしました。
それいゆ創刊70周年の今年、中原淳一の人形を愛する心がスーパードルフィーとの特別合同企画として蘇ります。"窓辺に一輪の花を飾るような心で"中原淳一版 スーパードルフィーの誕生にご期待ください。

≪特別企画内容≫
1) 特別商品 『中原淳一挿絵版 スーパードルフィー』発売 <詳細は11月中旬発表>
2) 特別企画展 『Super Dollfie in 中原淳一の世界展 ―夢と美の創造―』開催
 会期: 2016年12月18日(日) 11:00~17:00
 会場: 東京ビックサイト 東5・6ホール(ドルパ36 in ジョイフェス4内)
 主催: 株式会社ボークス / 企画協力: 株式会社ひまわりや
 入場料: 前売 ¥800 / 当日 ¥1,000
 ※入場券は11/19より全国のボークス店舗、ネット通販、電話通販で発売開始予定。

▼中原淳一(1913 – 1983) http://www.junichi-nakahara.com/
昭和初期、少女雑誌「少女の友」の人気画家として一世を風靡。 終戦後すぐの1946年、女性誌「それいゆ」を創刊。その他多数の出版を通じて夢を忘れがちな時代の中で女性達に暮しもファッションも心も「美しくあれ」と幸せに生きる道筋を示してカリスマ的な憧れの存在となった。活躍の場は雑誌にとどまらず、幅広い分野で時代をリードした先駆的な存在であった。

▼雑誌「それいゆ」 http://www.junichi-nakahara.com/soleil70/
第二次世界大戦終戦からちょうど1年後の1946年8月15日に中原淳一が創刊した雑誌。
「女性のくらしを新しく美しくする」という淳一の強い信念のもとつくられた「それいゆ」は、ファッションや暮らしに至るまで幅広い分野で戦後の女性達をリードし、新しい女性像、価値観を生み出し、また日本女性誌の礎を築きました。1960年に中原淳一が病に倒れるまで続いた「それいゆ」は、今もなお伝説的な雑誌として語り継がれている。

▼スーパードルフィー(R)<Super Dollfie>  http://www.superdollfie.net/
1998年にボークス・造形村が独自に企画開発した新しいドールホビー。 略称はSD。
ドルフィー(Dollfie)は「ドール(Doll)とフィギュア(Figure)を組み合わせた斬新なデザイン」と「カスタムに適した専用の素材」で世界に類を見ない全く新しいドール文化となる。
ドールオーナーの希望に合わせて姿や表情を変える事ができる「成長するお人形」と呼ばれている。可愛らしい幼児(約27cm)のような姿から、 あどけない少年少女(約40cm)、成長した姿(約65cm)まで幅広く表現する事ができる。ドルフィーは日本国内でひとつひとつ手作りで生産されており、世界各国のドールファンから熱い支持を得ている。


(C)JUNICHI NAKAHARA/HIMAWARIYA

株式会社ボークス: http://www.volks.co.jp
「創作造形(C)ボークス・造形村」 (C) 1998-2016 VOLKS INC. All rights are reserved.
Super Dollfie(R)は、ボークス社の登録商標であり、その全ての権利を所有します。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内