SICF17グランプリアーティスト展 江頭誠『Rose Blanket Collectionʼ16』   東京・青山のスパイラル ショウケースにて開催

2016年11月8日 火曜日 5:06 PM

人々の共有する記憶を呼び起こす、花柄の毛布の作品



スパイラルは、今年5月に開催した SICF17(第 17 回スパイラル・インディペンデント・クリエータ―ズ・フェスティバル)に於いて出展クリエーター100組の中からグランプリに輝いたアーティスト江頭誠による個展『Rose Blanket Collectionʼ16』を 2016 年 11 月 16 日(水)ー20 日(日)にショウケース (スパイラル 1F)にて開催します。高度経済成長期、日本の一般家庭に広く普及したロココ調の花柄の毛布を用いた立体作品を制作する、江頭誠。SICF17では、出展ブースの空間を生かし、花柄の毛布で洋式トイレの個室を再現。人々が共有している典型的な日本の家庭風景の記憶を蘇らせ、日本が戦後長らく抱いてきた西洋文化へのコンプレックスや憧れなどを巧みに表現しました。アイデアと表現手法の合致、ユーモア溢れる作品そのものが高く評価 され、グランプリ受賞に至りました。本展では、約10畳のガラス張りのショウケースを洋間に見立て、天井から床に至るまで、すべてのものをバラ模様の毛布で包んだ空間を出現させます。神棚、クリスマスツリー、和ダンス、シャンデリアなど、和と洋が入り混じった空間に足を踏み入れる時、日本の一般的な家庭における原体験の記憶に想いを巡らすはずです。


■SICF17審査員コメント
岡本美津子 東京藝術大学大学院映像研究科 教授、NHK E テレ「2355・0655」プロデューサー

毛布をテキスタイルとして捉え直すことで、これまで全く意識下に無かった興味深い事柄や、自己の記憶 、ひい ては日本の戦後の家庭風景や価値観までもが一気に蘇ってくる。毛布という日用品が "メディア "となり、見る人それぞれに物語が紡がれる、まさに人間賛歌とも言える作品である。

木村絵理子 横浜美術館 主任学芸員
SICFのブースサイズ(狭さ)を最大限に活かして公の場所に私的空間であるトイレの個性を出現させるというアイデアと、戦後の日本で急速に一般化した毛布の柄(ロココ調の意図などが多く引用されたところに、戦後日本の西洋に対するコンプレックスなどを読み取ることができよう)に着目し、ソフトスカラプチャー(レリーフ)にするという手法が見事に合致した作品。

■プロフィール



江頭 誠 Makoto EGASHIRA

略歴

1986年 三重県四日市市生まれ
2011年 多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業
主な受賞歴
2015年 「第18回岡本太郎現代芸術賞展」特別賞受賞
2016年 「SICF17」グランプリ受賞


主な活動歴 (グループ展)
2009年 「5D-five dimensions」TUNER GALLERY(東京)
2009年 「Art Program Ome 2009」青梅市街(東京)
2010年 「彫刻学科代表選抜展」多摩美術大学(東京)
2012年 「アトリエ展 オープンスペース」 アトリエ・シャワーパーティー(東京)
2013年 「アトリエ展 オープンスペース」 アトリエ・シャワーパーティー(東京)
2013年 「第13回かたち・ふれあい展」実践女子短期大学(東京)
2015年 「第18回岡本太郎現代芸術賞展」川崎市岡本太郎美術館(神奈川)
2016年 「SICF17」スパイラルホール(東京)

■参考作品 : 江頭誠 過去作品



■開催概要
会期 : 2016 年11 月16日(水)~20日(日)11:00~20:00
会場 : ショウケース (スパイラル1F) 〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23
入場料 : 無料
お問い合わせ :03-3498-1171(スパイラル代表)
URL : http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_2044.html
主催 : 株式会社ワコールアートセンター
企画制作 : スパイラル


■SICF(スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)とは

SICF17会場風景 撮影:市川勝弘

スパイラルが2000年から企画運営している公募展形式のアートフェスティバルです。様々なジャンルのクリエーター100組を選出し、若手作家の発掘・育成・支援を目的として、毎年ゴールデ ンウィーク期間中、スパイラルホールを舞台に、次代を担う新しい才能を紹介しています。 2017年に開催するSICF18の出展クリエーター募集および開催概要についてはSICFウェブ (http://www.sicf.jp) をご覧ください。


■参考資料 : 出展クリエータ―支援実績
SICFでは、過去17年に亘り、延べ 1593 組の気鋭のクリエーターを紹介してきました。スパイラルは過去受賞者をはじめ出展クリエーターの方々にも 、 スパイラルが企画運営にあたるアートフェスティバルや展覧会への参加 、アートワーク制作への協力などを広く呼びかけ、若手作家の育成・支援に力を注いできました。クリエーター支援実績の詳細はSICFウェブ「SUPPORT FOR CREATORS」にてご覧いただけます。
http://www.sicf.jp/support

■参考資料 : SICF17 受賞者
SICF では100組のクリエーターの中から、日本のカルチャーシーンを牽引する審査員によって、グランプリ、準グランプリ、各審査員賞を選出、さらに来場者の投票によってオーディエンス賞を決定し、各賞を授与しています。

準グランプリ: 後藤映則
準グランプリ: 高木あすか
岡本美津子賞 : FUKUPOLY
金森香賞 : 江藤友理子
木村絵理子賞 : 橋本美和子
栗栖良依賞 : MIWAKAKUTA
張熹賞 : 植松京子
スパイラル奨励賞 : 山内沙也果
オーディエンス賞 : 後藤映則

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内