【11/17】 フランスの伝説的女優 フランソワーズ・ルブランが横浜に!

2016年11月9日 水曜日 12:20 PM

東京藝術大学大学院映像研究科・横浜市文化観光局主催の「オープンシアター」。映画の上映会と特別講義を開催。



横浜市と連携・協力して映像文化都市づくりを推進する東京藝術大学大学院映像研究科が、今年もオープンシアターを開催。映画の上映会と特別講義を開催します。

フランスのジャン・ユスターシュ監督の伝説的な傑作『ママと娼婦』(1973)の「娼婦」ヴェロニカ役で鮮烈な映画デビューを果たし、映画史に残る偉大な女優となったフランソワーズ・ルブラン。近年ではアルノー・デプレシャン監督『あの頃エッフェル塔の下で』(2015)でも、その変わらない存在感を私たちに見せてくれました。
そんな彼女が、実は監督として作品をつくっていることは、あまり知られていません。
このたび、東京藝術大学大学院では、「監督」フランソワーズ・ルブランの私的なドキュメンタリー作品『クレイジー・キルト』(2011)を、日本で初上映します。もちろん日本語字幕つきです。
また、上映後にはルブラン氏による特別講義を開催。またとないこの貴重な機会を是非お見逃しなく!!

※入場無料・予約不要
※講義には逐次通訳つき

【日時】
2016年11月17日(木) 開場 17:30  開映 18:00

【会場】
東京藝術大学横浜校地馬車道校舎3F 大視聴覚室

その他の詳細は下記サイトをご覧ください。
映画専攻HP
http://geidai-film.jp

【主催】東京藝術大学大学院映像研究科 横浜市文化観光局
【共催】広島国際映画祭
【協力】アンスティチュ・フランセ日本 アネテ・フランセ文化センター CAÏMANS PRODUCTIONS
【お問合せ先】東京藝術大学大学院映像研究科 担当:松井宏
(電話:050-5525-2682 メール:opengeidai@gmail.com)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内