『横浜ダンスコレクション2017』2.「アーティストの発掘・育成」を目指して22回目の開催。アジアのダンスの“今”にふれる多彩なプログラムが満載!

2016年11月16日 水曜日 10:50 AM

横浜ダンスコレクション2017 BODY/PLAY/POLITICS

「若手振付家の発掘・育成」と「コンテンポラリーダンスの普及」を目指して1996年にスタートした「横浜ダンスコレクション」。このフェスティバルの基軸であるコンペティションは、時代を共有して身体と表現に新たな視線を向けるアーティストによる「振付」の独自性に価値を置いています。22回目を迎える2017年開催では、横浜美術館で開催中の企画展「BODY / PLAY /POLITICS」(2016年10月~12月)と連携し、世界的に活躍するアーティストによる作品上演や、アジアのダンスフェスティバルとの協働プロジェクトなど、アジアのダンスプラットフォームとして、多彩なプログラムを開催します。


(C)塚田洋一


Dance Cross + Asian Selection


「ダンスクロス」と「アジアセレクション」今回はこの2つのアーティスト交流プロジェクトを4日間、日ごとに違うプログラムの組み合わせで上演します。プログラムは全部で5つ。日本人振付家のフランスレジデンスの成果、アジアの振付家との共同制作をお楽しみください。

※1「ダンスクロス」は、横浜ダンスコレクションにおける「若手振付家のための在日フランス大使館賞」(在日フランス大使館賞)受賞者のフランスレジデンスおよび成果発表をはじめ、日仏の振付家支援プログラムとして、2007年からアンスティチュ・フランセ日本および横浜とのパートナーシップにより実施されています。
※2「アジアセレクション」は、横浜ダンスコレクションを通じて国内外で活躍する振付家が、アジアのパートナーと共にレジデンスや作品制作を行うプログラムです。2017年は、韓国「Seoul Performing Arts Festival」との協働、またシンガポール「M1 CONTACT」との協働による作品上演を行います。



Program A 川村美紀子『インナーマミー』
2015年コンペティション Iで「審査員賞」「在日フランス大使館賞」をダブル受賞した作品を2年ぶりに横浜で上演!
Program B川村美紀子『地獄に咲く花』(日本初演)
フランスでのレジデンスプログラムにて制作・発表した『地獄に咲く花』を日本初演。


奥野美和 × ツオ・ツーハオ 『自我の辺鄙』(日本初演)
シンガポールを代表するダンスカンパニー、T.H.E Dance Companyにてアソシエイト・アーティストを務めるツオ・ツーハオと横浜ダンスコレクションEX2013にて受賞後、国内外で活躍する奥野美和による共同制作。


(左)奥野美和 (C)bozzo (右)“Silences We Are Familiar With” by T.H.E Dance Company, originally commissioned for the Esplanade da;ns Festival 2012. (C)Wu Yi-Chun

高橋萌登 × ユン・ボラム『Coincidance in Between』(日本初演)
韓国最大級のコンペティション・ソウルダンスコレクションの受賞振付家ユン・ボラムと横浜ダンスコレクション2016から選出された高橋萌登が、ソウル・城崎・横浜を巡り、共同制作に挑む。


(左)高橋萌登(C)塚田洋一 (右)ユン・ボラム

田村興一郎(2016年コンペティションII最優秀新人賞)『Yard』

★横浜ダンスコレクションから世界へ… 若手振付家の活躍はこちら
「横浜から世界へはばたく振付家!」⇒ http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000109.000014302.html





コンペティションII 新人振付家部門


CompetitionII新人振付家部門
日本在住、本格的に振付家を目指す新人36名の応募から、映像・書類審査を経て選ばれた12名のファイナリストによる作品を上演。
※25歳以下の振付家が対象です。



審査員:
伊藤千枝 (珍しいキノコ舞踊団主宰・振付家・演出家・ダンサー)、ヴィヴィアン佐藤 (美術家)、柴幸男(ままごと主宰・劇作家・演出家)、浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)




コンペティションI


CompetitionI
横浜から世界へ!世界各国11カ国・138組の応募の中から、映像・書類審査を経て選ばれたファイナリストによる作品を上演します。



審査員:
岡見さえ(舞踊評論家)、近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)、ジュリエット・ドゥ・シャルモワ(アンスティチュ・フランセ横浜 館長)、多田淳之介 (東京デスロック主宰・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督)、浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)、矢内原美邦(ニブロール主宰・振付家・演出家・戯曲作家・近畿大学准教授)

★「横浜ダンスコレクション2017」コンペティションの ファイナリストが決定!
  ⇒ http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000014302.html





『横浜ダンスコレクション2017』1. 
横浜美術館で開催中の企画展「BODY / PLAY /POLITICS」と連携して22回目の開催!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000180.000014302.html



横浜ダンスコレクション2017 チケット情報 ●  2016年11月17日(木)発売





 ※全席自由・税込
 ※U-25:前売りのみ販売/公演日時点で満25歳以下の方が対象(入場時要身分証)
 ※未就学児の入場はご遠慮ください
 ※やむを得ない事情により出演者や演目が変更となる場合がございます。

お得なセット券も期間限定で販売!(2016年12月16日(金)まで)
*コンペI・II以外の全4作品を1回ずつご覧いただくお得なセット券です。
 詳細は横浜赤レンガ倉庫1号館までお問い合わせください!

チケットカンフェティhttp://confetti-web.com/ydc2017  TEL0120-240-540(平日10:00~18:00)
横浜赤レンガ倉庫1号館:TEL045-211-1515(10:00~18:00)


お問合せ:
横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
TEL:045-211-1515(10:00~18:00) 
http://www.yokohama-dance-collection.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内