開業から90年ぶりのリニューアル 12月11日(日)東急池上線戸越銀座駅「木になるリニューアル」が竣工

2016年11月25日 金曜日 2:55 PM

~多摩産材の木材を使用し、地域の皆さまの意見を参考に木造駅舎の趣を踏襲した駅が完成~

 当社が2015年9月から着手している、地域の皆さまの想いを継承した戸越銀座駅のリニューアル「木になるリニューアル」が、12月11日(日)に竣工します。また同日、竣工を記念したセレモニー「TOGOSHI GINZA RENEWAL -想いをつなぐ-」を、戸越銀座商店街連合会と連携して実施します。


 今回のリニューアルでは、駅をご利用されるお客さまや地域の皆さまのご意見を参考に、1927年10月の開業から約90年の年月を刻んだ戸越銀座駅の木造駅舎の趣や想いを継承した改修工事を実施しました。東京都内で生産される多摩産材をふんだんに使用し、環境に配慮しながら駅舎の内外装をリニューアルしたほか、ホーム全体に屋根をかけるためのホーム屋根の建替えと延伸、男女トイレの建替えや出入口のバリアフリー化などを実施しました。また、地域の皆さまとともに製作した木製ベンチや、今回新たに製作した駅シンボルマークやのれんの設置なども行いました。

 リニューアル工事では、多摩産材を約120m3使用することで、鉄骨造に比べて建設段階の二酸化炭素放出量を約100t削減するほか、木材使用による炭素固定化により約70tのCO2削減に寄与しています。また、木材利用を通じて、「植える・育てる・使う・植える」という森林資源の循環利用を促進し、東京都の森林・環境保全に貢献しました。
 なお、本事業の一部は、当社が「平成27年度東京都森林・林業再生基盤づくり交付金事業」において採択を受け、同事業の補助により実施するもので、都内の鉄道施設としては初めての事例となります。

 竣工セレモニーでは、竣工式典の開催のほか、戸越銀座駅の旧ホーム屋根の木材を使用した記念グッズの抽選会や、クリスマスリース製作などのワークショップを含む「多摩の森の勉強会」などを開催し、地域と一体となってまちを盛り上げます。

 当社はこれまでに、多摩産材の原産地である東京都あきる野市での環境学習「多摩の森とつながるツアー」や、地域の皆さまに駅への想いを綴って頂くイベント「想いが実になる木」、東京大学と連携し、まちの更なる魅力を発見するためのワークショップの開催など、さまざまな施策を展開してまいりました。今後も、地域にお住まいの皆さまに愛される駅および沿線づくりに取り組み、更なる沿線の活性化に努めていきます。



以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内