JTBパブリッシングキャンブックスシリーズ最新刊『関西発の名列車 山陽最急行からトワイライトエクスプレスまで』

2016年11月28日 月曜日 5:11 PM

時代を駆け抜けた65の名列車の栄光の足跡を振り返る ~2016年11月29日(火)発売~

 JTBグループで旅行関連情報の出版・販売、Web関連事業を手がける株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:里見雅行)は、キャンブックスシリーズ最新刊『関西発の名列車 山陽最急行からトワイライトエクスプレスまで』を、2016年11月29日(火)に発売します。


 関西地区は、東海道、山陽、北陸、紀勢、山陰など、各幹線が集まっており、特に車両面において列車のバラエティに富んだエリアです。また、運転方式などにおいて関西独特の環境があり、後に名列車と呼ばれる列車が多数登場しています。
 本書では、古くは山陽最急行からトワイライトエクスプレスまで、関西の鉄道の発展とその歴史に名を残す65の列車について、往時の写真や時刻表、編成図などを交えながら、名列車と言われる所以を個々に分析、解説しています。
 さらに、名列車の始発駅である大阪や京都といったターミナル駅についても、その歴史と列車との関係を辿っています。巻末には国鉄~JR関西圏運輸関連略年表を掲載し、資料としてもご活用いただけます。

<紹介内容一部>
・阪神間鉄道開業から敗戦まで 山陽鉄道最急行の登場、官民各鉄道の盛衰、東海道特急列車など
・戦後復興の時代 急行の復活と準急の登場、愛称名命名、客車から電車、気動車へ
・電車・気動車による優等列車の発展 青大将、こだま、彗星、東海道電車急行、気動車特急など
・新幹線の時代へ 関西発着ブルートレインの隆盛、寝台電車特急「月光」、万博輸送など
・優等列車の特急一極化 エル特急の王者「雷鳥」、在来線最長距離特急「白鳥」、新快速登場など
・花開くJR西日本オリジナルの列車 「サンダーバード」、「トワイライトエクスプレス」など

<著者紹介>
寺本 光照(てらもと みつてる)1950年大阪生まれ。鉄道史研究家、鉄道作家。鉄道史とくに列車史に詳しく、鉄道書などの連載多数。おもな著書に『国鉄・JR悲運の車両たち』、『国鉄・JR悲運の特急・急行列車50選』、『時刻表でたどる新幹線発達史』『さよなら急行列車』(以上キャンブックス・JTBパブリッシング)、『国鉄・JR列車名大辞典』(帝国書院)など

<書誌概要>
【書名】関西発の名列車 山陽最急行からトワイライトエクスプレスまで
【定価】1,900円(税別)     
【判型】A5判、192ページ
【発売日】2016年11月29日(火)
【発行】JTBパブリッシング
【販売】全国の書店 




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内