【ホテル ザ グランデ心斎橋】11月29日にグランドオープン。プラントハンター・西畠清順氏や書道家・武田双雲氏とコラボしたコンセプトルームの全貌が明らかに。

2016年12月17日 土曜日 4:08 PM

~話題のデザイナーズホテルの”植物部屋”の全貌を公開~

有限会社BLUE BOX(大阪市中央区東心斎橋1-6-28 代表 三原 常慶 TEL06-6212-7170)が運営するデザイナーズホテル『ホテル ザ グランデ心斎橋』が2016年11月29日(火)にグランドオープンしました。 http://www.thegrandee.co.jp/


ホテルロビー。武田双雲氏による迫力のある作品が来館するゲストを魅了する。

 2016年9月18日にプレオープンし、2~4階のフロアのみ先行して営業していた『ホテル ザ グランデ心斎橋』。全フロア改装リニューアルが完了し、2016年11月29日(火)にグランドオープンしました。話題になっている、プラントハンター・西畠清順氏がプロデュースした客室や、書道家・武田双雲氏の作品が鑑賞できる客室も公開され、今まで味わったことのないデザイナーズ空間を提供しております。


【プラントハンター・西畠清順氏プロデュースによるコンセプトルーム】
 稀少な植物目指して世界中を巡るプラントハンターとして有名な「そら植物園」代表・西畠清順氏がプロデュースしたコンセプトルーム『着生床』は711号室。“グリーンが溢れる癒しの部屋”という概念を超越し、部屋の壁面四方がすべて着生植物などで覆われている世界初のコンセプトルームです。都会に居ながら本格的な森林浴が楽しめるのが魅力です。

壁面四方が本物の植物で覆われている西畠清順氏のコンセプトルーム(711号室)。
バリ島ウブドの「アコウ」の木がそびえ立つ。

 西畠清順氏プロデュースのもう一つのコンセプトルーム『只楽』(812号室)は、「ひたすらシンプルに時を楽しむ様」を意味する禅語であり、それを体現する一風変わった枯山水が、宿泊者に語りかけます。さらに、書道家・青柳美扇氏による作品も展示され、独特な世界観を堪能することができます。バスルームには七色に光る浴槽を設置しており、幻想的な時間を過ごすことができます。


812号室の枯山水にはオーストラリア・タスマニア島の『ディクソニア』の木を配置。
812号室には、浴槽そのものが七色に光る『HOTARU』を設置。

【書道家・武田双雲氏による作品が鑑賞できるコンセプトルーム】
 コンセプトルーム『漆黒』(614号室)は、焼き杉の黒い板や黒皮鉄板を使用するなど、黒を基調としており、壁には書道家・武田双雲氏の世界に一つしかない作品を展示しております。卓越した作品から迫力を感じながらも、落ち着きのある空間を楽しむことができます。


武田双雲氏による作品『櫻』を鑑賞することができるコンセプトルーム(614号室)。


【最新のデザイナーズ空間でゲストをおもてなし】
 『ホテル ザ グランデ』は全45室が異なるデザインになっており、ホテルコンセプトは「Element of Nature & Chic Oasis」。自然の要素(火・水・土・光・空・植物・月・太陽etc...)を各客室に落とし込み、上品で洗練された心安らげる場所を提供しております。特にスイートルームの713号室と813号室では、なんばミナミエリアのホテルではなかなかお目にかかれない広さ65m2 の空間を堪能することができます。


大型水槽が印象的なスイートルーム(713号室)。
713号室のコンセプトは「海」。海中に潜っているような気分にさせてくれる。
スイートルーム813号室のコンセプトは「月見」。モダンな空間が上質な時間を約束してくれる。
612号室のコンセプトは「Peace of the Earth」。壁一面のアメジストと天井の照明が、『隕石』をイメージさせる。


[施設概要]
施設名: HOTEL THE Grandee(ホテル ザ グランデ)
公式ホームページ: http://www.thegrandee.co.jp/
所在地: 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-6-28
アクセス: 地下鉄心斎橋駅6番出口より徒歩5分
      地下鉄長堀橋駅7番出口より徒歩2分
グランドオープン : 2016年11月29日
用途 : ホテル(45室)
規模: 地下1階、地上8階
施工: 株式会社森信
企画・建築設計/インテリアデザイン:株式会社 PROCESS5 DESIGN
運営:有限会社BLUE BOX

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内