映画館でバレエを!皇女アナスタシア伝説にインスパイアされたケネス・マクミラン振付×ナタリア・オシポワによるロイヤル・バレエ『アナスタシア』1月13日(金)より全国順次公開!

2016年12月22日 木曜日 10:30 AM

その時 映画館は、ロンドンのオペラ・ハウスになる。6本のオペラと、6本のバレエ。すべての席が、あなたのためのスペシャルシート<特等席>


バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』と題し、東宝東和株式会社配給の元、TOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で今年も順次上映致します。

 この度、本シーズン3作目、ロイヤル・バレエ『アナスタシア』が2017年1月13日(金)より順次公開となります。死んだはずの皇女アナスタシアと、自分は生き残った彼女だと主張するアナという女性。皇女アナスタシア伝説にインスパイアされたケネス・マクミラン振付によるバレエ『アナスタシア』から『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』のバレエは開始します。




 今でも根強い人気を持つ著名な振付家ケネス・マクミランによる3幕の全長版バレエ『アナスタシア』。
ロマノフ朝14代皇帝ニコライ2世の娘、若き皇女アナスタシアは、家族とともにロシア革命の嵐に巻き込まれ、その特権的な生活に終止符が打たれる。そして家族全員が殺された後、死んだはずのアナスタシアだと名乗るアナ・アンダーソンという女性が現れる。記憶なのか妄想なのか、定かでないアナの回想。悪夢に悩まされながらも、自分がアナスタシアだという彼女の信念は揺るがなかった。アナは本当のアナスタシアなのか、それとも。
 映画『追想』(1956)などでも題材となった、皇女アナスタシア伝説をモチーフに描かれたバレエの名作です。


<『アナスタシア』作品情報>

【振付】ケネス・マクミラン
【音楽】ピョートル・チャイコフスキー&ボフスラフ・マルティヌー
【指揮】サイモン・ヒューエット
【出演】アナスタシア/アナ・アンダーソン:ナタリア・オシポワ、マチルダ・クシェシンスカヤ:マリアネラ・ヌニェス、ラスプーチン:ティアゴ・ソアレス

(C) Tristram Kenton






******************************************************************************


【ロイヤル・バレエ】 『アナスタシア』2017年1月13日(金)
【ロイヤル・オペラ】 『ホフマン物語』2017年1月27日 (金)
【ロイヤル・バレエ】 『くるみ割り人形』2017年2月10日(金)
【ロイヤル・オペラ】 『イル・トロヴァトーレ』2017年3月3日(金)

<前半演目の公開日>                    

*TOHOシネマズ日本橋

*TOHOシネマズ六本木ヒルズ

*TOHOシネマズららぽーと横浜

*TOHOシネマズ流山おおたかの森

*TOHOシネマズ名古屋ベイシティ

*TOHOシネマズ西宮OS

*大阪ステーションシティシネマ※1日1回 1週間限定上映※
(注)中洲大洋映画劇場、札幌シネマフロンティア、MOVIX仙台でも、公開いたしますが、公開日が異なります(「アナスタシア」の場合は、1月14日(土)より公開)。詳しくは公式サイトをご確認ください。

2017年1月13日(金)より全国順次公開!!

■公式サイト:http://tohotowa.co.jp/roh/   

■配給:東宝東和




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内