公共施設を活用し、新たな価値を提供するアウトドアリゾート『ETOWA(エトワ)』誕生(ニュースリリース)

2020年6月29日 月曜日 2:42 PM

第1弾『ETOWA KASAMA』7月18日茨城県内先行オープン

 大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木 嘉幸、HP:https://www.cigr.co.jp/)は、国や地方自治体が所有する公共施設等を活用したアウトドアリゾート事業を開始します。


 非日常の上質な空間で、心と身体に活力が得られるアウトドアリゾート新ブランド『ETOWA(エトワ)』を立ち上げ、第1弾として茨城県笠間市が所有する公共宿泊施設(旧あたご天狗の森スカイロッジ)を活用し、「空に近い森のアウトドアリゾート 『ETOWA KASAMA(エトワ笠間)』」(HP: https://www.cigr.co.jp/etowa/kasama)を2020年7月18日(土)に開業しますので、お知らせします。

● 2020年6月26日(金)~ 予約受付開始
● 2020年7月18日(土)~8月17日(月) 茨城県内先行オープン
● 2020年8月18日(火) グランドオープン


 『ETOWA KASAMA』は、地元で愛されてきた「旧あたご天狗の森スカイロッジ」をリノベーションし、新たに生まれ変わったアウトドアリゾート施設です。地元の魅力を再発見いただくため、2020年7月18日(土)~8月17日(月)の期間は、茨城県在住の方限定で先行オープンいたします。
 当社は、今後も国や地方自治体が所有し利用者減少や遊休化が課題となっている公共施設をリノベーションし、新たな価値を提供するアウトドアリゾート施設に生まれ変わらせることで、「都心では得られない自然の中での旅行体験」を提供するとともに、公共施設の価値向上をめざします。

■ 『ETOWA』のコンセプト
 『ETOWA』は非日常の上質な空間で、大切な人との会話や声を出さなくとも心が通じる感覚を通して、自然の中でくつろぎながら心と身体に活力を得られるアウトドアリゾートです。
 『ETOWA』というブランド名には、いろいろなカタチの「会話」があることを「会(エ)」と「話(ワ)」のある場所、非日常の空間だからこそ体験できる「え!」というワクワクと一緒に過ごした人と共有できる「わ!」という感動がある場所という思いを込めました。

■ 空に近い森のアウトドアリゾート『ETOWA KASAMA』の特長
 住まいやオフィス、ホテル事業において、すごし方にこだわってきたコスモスイニシアが、都心からほど近く、豊かな自然に恵まれ、笠間焼やゴルフ場などの観光資源も豊富な茨城県笠間市において、キャビンとグランピングテントを設けた非日常のひとときをすごすためのアウトドアリゾート施設をご用意しました。



■客室紹介
 空に近い森の中で大切な人との時間を心地よくすごせる4タイプの客室をご用意しました。アウトドアリビングでの手づくり外ご飯や星空のもとでの焚火などアウトドアならではの楽しみだけでなく、宿泊空間という「インドア」にもこだわり、すべての時間に感動を届けるアウトドリゾートであることをめざしました。





■ 事業の背景と笠間市との取り組み
 国や地方自治体が保有している公共施設は老朽化が進んでいるものも多く、改修や建て替え等に多額の費用が見込まれています。人口減少や首都圏への人口一極集中により遊休化した公共施設の増加は、今後ますます大きな社会的課題となっていくと考えられます。
 一方で、働き方改革の進展に伴うワーケーション(※1)への関心の高まり、特にミレニアル世代にみられる「コト消費」など、「旅行体験」にもさまざまなニーズが生まれています。
 こうした背景のもと、当社は公共施設の観光資源としての魅力向上、国内外からの観光者の誘客、維持管理にかかる財政負担の軽減を図ることを目的とした公民連携事業を行い、アウトドアリゾート施設の運営を開始します。
 第1弾となる『ETOWA KASAMA』は、茨城県笠間市との公民連携事業で、市が所有する公共宿泊施設(旧あたご天狗の森スカイロッジ)をリノベーションし、アウトドアリゾート施設として運営を開始します。一般社団法人笠間観光協会をはじめとする地域のみなさまとも連携し、笠間市の関係人口(※2)創出(首都圏や海外からの誘客)や観光振興(地域の魅力発信、地域イベントへの協力)、産業振興(地元食材の活用、地元雇用の創出)など、地域活性化への貢献をめざします。
 当社は、今後も国や地方自治体が所有し利用者減少や遊休化が課題となっている公共施設を上質な空間のアウトドアリゾート施設に生まれ変わらせることで、お客さまには心と身体に活力を得られる「都心では得られない自然の中での旅行体験」をお届けし、国や地方自治体においては公共施設の価値向上・財政負担軽減・関係人口の創出を提供し、国や地方自治体が抱える社会課題の解決をめざします。
※1「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語。旅行先などで仕事をすること。
※2 移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のこと。

■ 施設概要



※当施設では、新型コロナウイルス感染症拡大を防止し、安心してご利用いただける運営に努めるため、「全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会や日本旅館協会が推奨する「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」を参考とした取り組みを行います。詳細は以下ページをご参照ください。
https://www.cigr.co.jp/etowa/kasama/covid19


■ コスモスイニシアのCSVについて(HP:https://www.cigr.co.jp/csv/
 当社は、『「Next GOOD」お客さまへ。社会へ。一歩先の発想で、一歩先の価値を。』をミッションとして掲げ、お客さまとその先にある社会に“一歩先の価値”を創造するため、CSVテーマとして安心、快適、持続、独創、環境、公正・公平の6つのNextを定めています。本商品・サービスの提供を通じて以下のNextの実現を推進し、社会課題の解決をめざします。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内