ロワジールホテル 那覇開催『with コロナ時代のホテルのあり方、作り方』

2020年7月31日 金曜日 12:42 PM

パネルディスカッションにソラーレホテルズ代表取締役井上が登壇

 ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井上 理、以下ソラーレホテルズ)の代表取締役社長井上は、2020年7月30日に沖縄県那覇市のロワジールホテル 那覇で開催された週刊ホテルレストラン主催の「全国ホテルマネジメントセミナー」に登壇しました。ホテルへのソリューション提案やホテル間や地域交流の活性化、問題共有を目的とし毎年開催されている当セミナーは今回、ホテル業界がコロナ禍を乗り切ることを大きなテーマに掲げ、厳重なコロナ感染対策のもと開催されました。




 ソラーレホテルズの井上は「with コロナ時代のホテルのあり方、作り方」というテーマのパネルディスカッションに参加しました。パネラーの(株)パームロイヤル 代表取締役 総支配人 高倉 直久 氏、(株) KPG HOTEL&RESORT 取締役社長兼 COO 田中 正男 氏、(株)日本ホテルアプレイザル 代表 取締役 北村 剛史 氏と共に、コロナ蔓延後の各社の状況や、現状を乗り切るための対応策、将来を見据えた中長期的な視点での取組などについて話しました。業界全体が厳しい中で、お客様を第一に考えながらも、従業員も守るため、各社強味を生かしながら努力をしているという前向きな話が多くありました。
 ソラーレホテルズは2020年6月にコロナ禍で打撃を受けている宿泊施設と、地域経済の活性・再生を支援するため「事業再生支援チーム」の発足をしており、この講演もその活動の一環として行いました。ソラーレホテルズはホテル宿泊、観光業を存続させるため、コロナ禍の窮地を業界全体で乗り切る必要があると考えているため、当社は今後も宿泊観光業界に寄与する活動や、地方事業の支援、地域経済活性化への取り組みを、積極的に行なって参ります。

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社
「インソムニア 赤坂」「雨庵 金沢」「ザ・スクエアホテル」「ホテル・アンドルームス」「ハタゴイン」「ロワジール」「ロイヤルパインズホテル浦和」「チサン」などのホテルブランドを有し、国内52カ所、海外1カ所、7,488室のホテル宿泊部門および売店部門・料飲部門・大浴場・スパの運営、アセットマネジメント、フランチャイズ運営などの事業を展開しています。(2020年7月現在) https://www.solarehotels.co.jp
【運営ホテルブランド】


■ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツの事業再生支援活動について
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社はコロナ禍で打撃を受けている宿泊施設と、地域経済の活性・再生を支援するため、「事業再生支援チーム」を発足しました。国内外のホテル運営で確立した独自の運営モデルと複数ブランドを活かし、運営会社の変更だけでなく、運営会社を変更せずに収益向上を図る運営改善や送客の支援など、様々な方法で事業の再生を目指します。また、必要に応じてネットワーク構築(金融機関、投資ファンド、コンサルティング会社等を含む)や支援スキーム構築なども行います。さらに宿泊施設の雇用維持を含め、宿泊施設の地域経済活性化についても積極的に取り組んでおります。
【再生支援のご相談窓口】
 事業生支援チーム 山崎 Mail: toshio.yamazaki@solarehotels.com / Tel: 03-6858-2285

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内