二子玉川ライズを家族で“旅”する新発想の夏休み企画 「ライズじゃあにぃ」 2020年8月7日(金)いよいよ開幕!

2020年8月7日 金曜日 9:17 PM

視点を変えるだけで面白い発見がある。二子玉川ライズを家族で“旅”する新発想の夏休み企画

 「二子玉川ライズ」では、『”おうちでも”、”ライズでも”楽しめる』を追求した、二子玉川ライズを“旅”する新発想の夏休み企画「ライズじゃあにぃ」を2020年8月7日(金)からスタートします。  ここでは、今年だけの特別企画「ライズじゃあにぃ」の楽しみ方=“旅”の仕方をご紹介いたします。



荒井良二さん描き下ろし、「ライズじゃあにぃブック(夏のらくがき帳)」が完成!
二子玉川ライズ S.C.館内で無料配布するほか、施設周辺の保育園・幼稚園にも配布
 
 夏休み企画「ライズじゃあにぃ」を、”おうちでも””ライズでも”楽しんでいただくためのキーアイテムが、絵本作家の荒井良二さん描き下ろしによる「ライズじゃあにぃブック(夏のらくがき帳)」です。
 二子玉川ライズの屋外に散りばめられた仕掛けを探検したり、自分だけの発見をするためのヒントがつまった“夏のらくがき帳”は、絵を描いたり、シールを貼ったり、子どもたちが自由な発想で遊ぶことができる仕様となっています。
 そんな “旅のはじまり”へといざなう、荒井良二さん作「ライズじゃあにぃブック」がこの度、遂に完成。8月7日(金)から、二子玉川ライズ S.C.館内で無料配布(なくなり次第終了)を開始するほか、HPからもダウンロード可能となります。


◆「ライズじゃあにぃ」特設サイト:http://sc.rise.sc/pages/rise_journey2020
ライズじゃあにぃブック
 加えて、地域の皆さまに楽しんでいただけるよう、施設周辺の保育園/幼稚園にも配布する予定です。これに先駆け、8月6日にプラザモール 1Fにある保育園「はじまり はじまり えん niko」に通う児童に「ライズじゃあにぃブック」が手渡され、園児たちは大喜びの様子でした。

見つけた分だけ旅が楽しくなる!
「ライズじゃあにぃブック」と連動した様々な仕掛けが、二子玉川ライズ内に続々登場!


 「ライズじゃあにぃ」が開幕する8月7日(金)には、「ライズじゃあにぃブック」と連動した多彩な仕掛けが、施設内に登場します。リボンストリートには、象徴的な“いもむしアーチ”が登場するほか、植栽の中に隠れた“象”や“小鳥”など生きものを模したオブジェ、“キノコ型のメリーゴーランド”や“劇場”といった不思議なオブジェなどが隠れており、普段は目を留めないような様々な場所をのぞき込むと新しい世界が見えてくる、そんな発見の「旅(じゃあにぃ)」を楽しんでいただけます。
 また、それぞれの仕掛けに耳を澄ましてみると、その世界観を表現した音が聞こえてきたり、足で踏むことで音が発生する装置が用意してあったりと、五感を使って発見を楽しめる企画となっています。
 各仕掛けは二子玉川ライズ内の様々な場所に分散して設置しており、ご来館いただいたお客さまが、安心・安全にそれぞれの発見を楽しんでいただけるよう配慮しています。
 荒井良二さんからのヒントが詰まった「ライズじゃあにぃブック」をおともに探検して、聞こえてきた音や見つけたものをどんどんらくがき帳に描いていくことで、「自分だけの夏のらくがき帳」を作って、2020年の夏の想い出にしていただけます。
パラソルでできた“いもむしアーチ”(リボンストリート)
植栽に隠れた“観覧車”(ステップビジョン踊り場)
足で踏んで音を奏でるシーソー(8月9日(月)~ 原っぱ広場)
見ているだけで楽しい!おうちで・ライズで、思わず実践したくなる
「ライズじゃあにぃ」の楽しみ方が詰まったWEB動画「ライズじゃあにぃワークショップ」公開!

 「ライズじゃあにぃ」特設サイトでは、「ライズじゃあにぃ」の楽しみ方のヒントが詰まった、荒井良二さん出演のWEB動画「ライズじゃあにぃワークショップ」を公開しています。
 「ライズじゃあにぃワークショップ」の動画は、「ライズでたのしもう篇」 「おうちでたのしもう篇」の2つのパートで構成されています。

♦「ライズでたのしもう篇」https://youtu.be/zkCMhgZxXM8
♦「おうちでたのしもう篇」https://youtu.be/DVVTX7ZoVlI

 「ライズでたのしもう篇」では、荒井さん自ら「ライズじゃあにぃブック」を手に、二子玉川ライズ施設内を巡ります。様々な場所に設置された仕掛けの紹介だけではなく、「あれって〇〇に見えるよね」という発見を、次々とらくがき帳に描いていく様子を通して、絵本作家・荒井良二さんの発想の種に触れられるような内容となっています。
 また、 「おうちでたのしもう篇」では、子どもたちとともに、おうちで「ライズじゃあにぃブック」を使いながら、様々な「発見」を楽しむ、応用篇とも言える内容となっています。おうちの中に隠れているものを探したり、おうちの周りで聞こえる音を書き出してみたりと、こんな時期だからこそ、おうちの中でも楽しめる「旅(じゃあにぃ)」を提案しています。
 どちらも見ているだけで楽しい、思わず実践したくなるようなWEB動画となっています。

“発見”を投稿して楽しもう!SNSキャンペーンの実施

 それぞれの”発見”をSNS上でシェアして、「ライズじゃあにぃ」を盛り上げる、Instagramキャンペーンを開催。子どもたちが見つけたもの、描いたものを「#ライズじゃあにぃ」のハッシュタグをつけてInstagramに投稿いただくと、投稿の中から数点を選出し、イベント終了後に公開予定の「ライズじゃあにぃ」の想い出が詰まった記録ムービーに採用させていただきます。また採用された方には、荒井良二さんのサイン入り絵本と特製ステッカーをプレゼントします。
―――――――――――――――――――――――――
キャンペーン期間:2020年8月7日(金)~31日(月)
対象:上記期間中に「#ライズじゃあにぃ」のハッシュタグをつけてInstagramに投稿された方
※投稿の選出は、キャンペーン終了後随時行います。
―――――――――――――――――――――――――



◆「ライズじゃあにぃ」 開催概要
イベント名: 「ライズじゃあにぃ」
期間: 2020年8月7日(金)~8月31日(月)
場所: 二子玉川ライズ
住所: 東京都 世田谷区 玉川2-21-1
主催: 二子玉川ライズ
「ライズじゃあにぃ」特設サイト:
http://sc.rise.sc/pages/rise_journey2020


荒井良二(あらい・りょうじ)さんプロフィール

1956年山形県生まれ。『たいようオルガン』でJBBY賞を、『あさになったので まどをあけますよ』で産経児童出版文化賞・大賞を、『きょうはそらにまるいつき』で日本絵本賞大賞を受賞するほか、2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど国内外で高い評価を得る。また、NHK連続テレビ小説「純と愛」のオープニングイラストを担当。2018年まで「みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ」の芸術監督を務めるなど、その活動の幅を広げている。最新作に「こどもたちはまっている」(亜紀書房)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内