ドバイの新たにオープンしたスポットを盛り込んだおすすめの旅程をご紹介!~感染症対策を講じたドバイ入国の際の手順を1分間で案内するビデオ最新版を8/6公開~

2020年8月22日 土曜日 3:17 PM


ドバイ政府観光・商務局より、海外旅行を楽しめるようになったら是非体験していただきたい、最新スポットを盛り込んだ、1週間でドバイを満喫するおすすめの旅程をご紹介します。また、ドバイ入国時の手続き方法とドバイの感染症対策の様子について紹介する1分間の動画を2020年8月6日に公開しました。どうぞご覧ください。

次の海外旅行ではゆっくりと休暇を楽しみたい方や、ドバイで乗り継ぎをする際に数日滞在して楽しみたいと考えている方に向けて、ドバイで体験できるバラエティ豊かなトラベルプランをご紹介します。ドバイは世界一高いバージュ・カリファをはじめ、ユニークな建築物が多いため、都会的なイメージを持たれることが多いですが、実際には、中心地からすぐのところには海が、車を少し走らせると砂漠があり、滞在中に大自然をお楽しみいただくことも出来ます。いつかの旅のプランニングの参考に、毎日異なるテーマに沿って楽しむドバイの過ごし方をご提案します。


ドバイで1週間遊び尽くす!おすすめ旅程をご紹介

海外旅行を自由に楽しめるようになったときに向けて、ドバイで1週間まるまるお楽しみいただけるおすすめの旅程をご紹介します。新たにオープンしたスポットについてもご紹介していますので、来年の長期休暇の計画の参考に、是非ご覧ください。

1日目:空からドバイを眺める
<午前>

世界一の高さを誇るバージュ・カリファ、帆の形をしたホテル‘バージュ・アル・アラブ’や椰子の木の形の人工島、パーム・ジュメイラ’など、ドバイでは多くのユニークな建築・建造物がみられます。 シーウィングスの水上飛行機ツアーに参加して、空からこれらを眺めてみましょう。 全席が窓際の席なので、素晴らしい景色をお楽しみいただけます。

シーウィングス 公式HP:https://seawings.ae/
バージュ・カリファ(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/pois/burj-khalifa

<午後>
まだまだ高いところから街並みや海を眺めたいという方には、「Cé La Vi」でのランチがおすすめです。2020年1月に 新しくオープンした『アドレス・スカイビュー・ホテル』の54階にあるこのレストランは、現代的なアジア料理を楽しみながら、バージュ・カリファの写真を撮るのに最適なスポットです。

そのあとはドバイモールでショッピングなどお楽しみください。ショッピングのほかにも、VRパーク、オリンピックサイズのアイスリンク、映画館、キッザニア、33,000もの水中生物が生息するドバイ水族館と水中動物園があります。 モールのすぐ外にある壮大なドバイ・ファウンテンも見逃せません。 甘いものがお好きな方へのお土産にバティールの甘いデーツ、パッチのチョコレート、ヴィヴェルの小さなビスケットなどでテイスティングしながら選ぶのも楽しいです。 また、ドバイのブランド「シーファ」のローズ、シナモン、ザクロ、その他の地域の食材を使ったスキンケア製品も喜ばれること間違いなしです。

Cé La Vi 公式HP:https://www.celavi.com/en/dubai/
ドバイモール 公式HP:https://thedubaimall.com/
ドバイモール(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/pois/dubai-mall

<夜>
夕暮れ時は、バージュ・カリファの122階にある「At.mosphere」の窓際の席を予約してロマンチックなひとときをお楽しみください。夕日が落ちてからドバイの街のライトアップまでの時間帯は、ドバイ旅のハイライトのひとつとなることでしょう。

At.mosphere 公式HP:http://www.atmosphereburjkhalifa.com/

2日目:ドバイの歴史に思いを馳せる


<午前>
迷路のように曲がりくねった路地や風の塔が立ち並ぶバール・ドバイのアル・ファヒディ歴史地区で一日をスタートさせましょう。 XVA Art Hotel & Caféの中庭で朝食をお楽しみください。 アル・ファヒディ歴史地区には、XVAギャラリー、ドバイ博物館、コーヒー博物館、マジェリスギャラリーなどの観光スポットがあります。

XVA Art Hotel & Café 公式HP:https://www.xvahotel.com/
アル・ファヒディ歴史地区(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/pois/al-fahidi-historical-neighbourhood

<午後>
シェイク・モハメッド文化理解センター(SMCCU)は必見です。ここでは、地区のガイド付きツアーに参加したり、伝統的なエミラティ(UAE人)の食事を楽しみながらUAEの生活について学ぶことができます。
昼食後は、ドバイ旧市街にある伝統的なアラビアのスーク(市場)で本格的なショッピングを体験しましょう。 テキスタイル・スーク、スパイス・スーク、ゴールド・スークには、ローカルの特産物が並びます。 アブラと呼ばれる伝統的な木製のボートに乗ってクリークを渡るのもまた、歴史を感じられるひとときです。

シェイク・モハメッド文化理解センター(SMCCU)公式HP:https://www.cultures.ae/
ドバイのスークでショッピング(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/articles/shop-dubai-souks

3日目:海と砂漠で自然体験


<午前>
2.5kmのビーチ沿いのビーチフロントの複合施設、ラ・メールで、太陽や海、インスタ映えするアート作品の数々をお楽しみいただけます。カフェやレストランも充実しているので、朝食やランチのオプションも豊富です。

ラ・メール 公式HP:https://www.lamerdubai.ae/en
ラ・メール(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/articles/dubai-la-mer-beachfront-district

<午後>
ドバイ旅で欠かせないのが砂漠の自然を体験することです。プラチナム・ヘリテージのオーバーナイト・サファリツアーを予約して、砂漠へ小旅行に向かいましょう。 午後2時30分から4時30分の間に宿泊しているホテルまで迎えに来てもらい、砂漠に向かいます。 1950年代の砂漠探検で広く使用されていた、オープンルーフのビンテージ・ランドローバーに乗って砂丘を横断し、環境保全ガイドからドバイの習慣や伝統について学びましょう。 鷹狩りのデモンストレーションを見学した後は、ベドウィンキャンプへ移動して夕食をお楽しみください。 キャンプ内の石造りの住居で夜を明かす前に、街の灯りから遠く離れた場所で星空を眺めてみてはいかがでしょうか。

プラチナム・ヘリテージ 公式HP:https://www.platinum-heritage.com/
オーバーナイト・サファリツアー詳細:https://www.platinum-heritage.com/overnight-safari-sunrise-hot-air-balloon-ride/

4日目:リラックス&リフレッシュ


<午前>
砂漠の中心で、熱気球(バルーン)ライドを楽しみましょう。朝日を浴びて1日がスタートします。 壮大な景色に驚嘆しながら、ドバイ砂漠保護区の地質や野生動物について詳しく学びます。 遠くからオリックスやガゼル、ラクダを観察したり、上空から砂漠の静けさを楽しむことが出来ます。そのあとキャンプに戻り、たっぷりと朝食を楽しんだ後、街に戻ります。

<午後>
ドバイ市内に戻った後は、大理石のハマムでのクレンジングセッション、タイ式マッサージ、フェイシャルなど、心身とマインドを癒す極上のトリートメントをお楽しみください。 ワン&オンリー・ロイヤルミラージュの「ONE & ONLY SPA」、JWマリオット・マーキス ドバイの「Saray Spa」、フェアモント・ザ・パームの「Willow Stream Spa」は、心を解きほぐしてリフレッシュするのにおすすめです。

ワン&オンリー ロイヤルミラージュ「ONE & ONLY SPA」公式HP:
https://www.oneandonlyresorts.com/royal-mirage/experiences/spa
JW マリオット・マーキー ドバイ「Saray Spa」公式HP:
https://www.jwmarriottmarquisdubailife.com/sarayspa
フェアモント・ザ・パーム「Willow Stream SPA」公式HP:
https://www.fairmont.com/palm-dubai/spa/willow-stream-spa-at-fairmont-the-palm/

<夜>
洗練された夜のお出かけには、現代建築の傑作であるドバイ・オペラが最適です。近くにある和牛懐石料理のレストラン「湖畔亭」やドバイ・オペラの「The Loft」は、劇場前のディナーにぴったりの場所です。 ドバイの精神にインスパイアされたストーリーを持つラ・ペールは、最新の技術を駆使したユニークなライブショーです。水深12メートルのプールがあり、270万リットルの水を使用してパフォーマンスを行うアクアステージがあります。

ドバイ・オペラ 公式HP:https://www.dubaiopera.com/
湖畔亭 公式HP:https://kohantei.ae/
The Loft 公式HP:https://www.loftatopera.com/
ラ・ペール 公式HP:https://www.laperle.com/en
ラ・ペール(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/pois/la-perle-aqua-show

5日目:カルチャーとアクティビティ体験


<午前>
アトランティス・ザ・パームには、ドバイ最大のウォーターパークがあります。 TripadvisorのTravelers Choice Awardで世界第3位のウォーターパークに選ばれたAquaventureは、2つのメインタワーにまたがるスライダーが自慢です。 海の中を旅したい方へおすすめしたいロストチェンバー水族館では、サメ、エイ、ピラニアなどを様々な海中生物を見ることができます。 ユニークな体験をしたい方は、ハタヨガクラスを予約して、250種6万5000匹の海洋動物に囲まれて太陽礼拝の練習をしてみてはいかがでしょうか。

アトランティス・ザ・パーム 公式HP:https://www.atlantis.com/ja/dubai/atlantis-the-palm
Aquaventure 公式HP:https://www.atlantis.com/dubai/atlantis-aquaventure/aquaventure-waterpark
ロストチェンバー水族館 公式HP:https://www.atlantis.com/dubai/atlantis-aquaventure/lost-chambers-aquarium

<午後>
アルサーカル・アベニューは、かつて工業地帯だった場所が、ダンススタジオ、カフェ、アートギャラリーなど、60以上のアートギャラリーやダイニング、クリエイティブなスペースが集まる地区に生まれ変わり、アートなスポットとして注目を集めています。ここには、カリグラフィティアーティストの「eL Seed」スタジオがあり、アラビアの伝統的なカリグラフィティとグラフィティのスタイルと色を融合させた複雑な構図やパブリックアートプロジェクトが行われています。
また、チョコレート好きにはたまらない「ミルザム」では、製造工程を見学でき、訪れた人が楽しめるように設計された工場で、カカオ豆の焙煎からチョコレートのラッピングまで、チョコレート作りのすべての工程を体験できるようになっています。また、工場内にはショップも併設されており、かわいらしくラッピングされたチョコレートをお土産に購入したり、カフェでゆったりと過ごすこともできます。

アルカーサル・アベニュー 公式HP:https://alserkalavenue.ae/en/index.php
ミルザム 公式HP:https://mirzam.com/

6日目:大自然へのエスケープ


ドバイの中心から車で90分ほどのところに、雄大なハジャール山脈に囲まれたハッタ(Hatta)という町があり、大自然の中でカヤックやハイキングなど様々なアウトドアアクティビティをお楽しみいただけます。
また、この地域初のトレーラーホテルであるSedr Trailers Resortでは、トレーラーをホスピタリティ・ユニットに改装した客室に宿泊することが出来ます。食通の方には、近くにあるHatta Honey Bee Farmで採れるおいしい地元産のハチミツもお勧めです。

Sedr Trailers Resort 公式HP:https://www.visithatta.com/en/stay/sedr-trailers-resort
ハッタでの楽しみ方(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/articles/outdoor-things-to-do-in-hatta

7日目:もっとドバイを体験しつくそう


<午前>
世界最長の都市型ジップライン、XLineは旅の最終日にピッタリなアクティビティです。 XLineは、ご友人やご家族と一緒に、陸上と水上を時速80kmで飛ぶことができます。 もしくは、スピードを感じるアクティビティを体験したい方は、HERO OdySea Dubaiのボートツアーでボートを運転してみませんか。 ボートは1人用または2人用のものがあり、ドバイのユニークな風景を水上を疾走しながら眺めることができます。

XLine 公式HP:http://xline.xdubai.com/
HERO OdySea Dubai 公式HP:https://www.hero-dubai.com/

<午後>
アクティブな午前中を過ごした後は、カイトビーチでリラックスして過ごしましょう。ここでは、ビーチバレーやスタンドアップパドルボードなどのアクティビティが楽しめますが、のんびりとした午後の時間を過ごすのにもぴったりな場所です。 ビーチにある売店ではバラエティに富んだ軽食を提供していますが、中でも人気なのが、市内でも最高の“ビーフスライダー”を提供する屋台スタイルのカフェ「SALT」です。

カイトビーチ・ドバイ(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/pois/kite-beach
ドバイのベストビーチ(ビジット・ドバイ内情報ページ):https://www.visitdubai.com/ja/articles/best-beaches


ドバイ入国時の手続きについて、わかりやすくご紹介する1分間の動画を8月6日に公開しました

ドバイの入国時の手続きについて、わかりやすくご紹介する1分間の動画ができました。
機体が着陸し、座席を離れるときから、入国審査、ラゲージ・ピックアップ、公共交通機関の利用、そしてホテルのチェックインまで、どのように進むべきかをご案内しています。ソーシャルディスタンスを保ちながら、ドバイがどのように感染症対策を行っているかも合わせてご紹介していますので、是非ご覧ください。

Airport Arrival Procedure in Dubai(英語):https://www.youtube.com/watch?v=qUYJoTgl_xo


ニュースリリースとは別にお送りしている、ドバイの最新情報などを記載したメールニュースをご希望の方は、pr@visit-dubai.jpまでお問い合せください。

ドバイ政府観光・商務局について
ドバイが世界を代表する観光地として商業の中枢を担うというビジョンのもと、ドバイ政府観光・商務局は世界中のオーディエンスのドバイに対する認知度の拡大、及び首長国への対内投資の牽引を使命としています。本国の観光分野における計画、管理、開発、そしてマーケティングにおける主要局であり、首長国の商業分野のマーケティングやプロモーション、また宿泊施設や旅行案内業者を含めた全ての観光サービスの許認可及び種別分類を担当しています。ドバイ政府観光局内のブランドや部門には、ドバイ・コンベンションやイベント局、ドバイ・フェスティバル、小売事業所(旧:ドバイイベントプロモーション事業所)が含まれます。ドバイ本局に加え、世界中に20か所のオフィスが設けられています。

URL:https://www.visitdubai.com/ja
公式Facebook:https://www.facebook.com/visitdubai.JP/
公式Twitter:https://twitter.com/visitdubai_jp
公式Instagram:https://www.instagram.com/visitdubai.jp/?hl=ja

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内