ヨコハマトリエンナーレ2020 タウス・マハチェヴァ作品 体操選手によるパフォーマンスを公開

2020年9月3日 木曜日 11:17 AM

ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW - 光の破片をつかまえる」では、横浜美術館で展示中の作品、タウス・マハチェヴァ《目標の定量的無限性》のパフォーマンスを9月5日より展示室で公開いたします。


本作品は、私たちが日常生活でしばしば耳にする人の行動を制限するための抑圧的なフレーズと、変形した体操器具、そしてその中で展開されるパフォーマンスから、現代社会における身体、規律、統制について問いを投げかけるものです。
これまでキエフとヴェネチアで公開されてきたパフォーマンスを更新し、日本の体操選手をパフォーマーに迎え、ヨコトリ2020のための新たなパフォーマンスを制作しました。

実施日程:9月5日(土)、12日(土)、16日(水)、26(土)、10月3日(土)、10日(土)
いずれも14:00~と14:45~の1日2回開催。
パフォーマンスは1回23分程度予定。
※展示室の入場制限を行う場合があります。

協力:Mizutori Sports Club


《目標の定量的無限性》, 2019(C) Taus Makhacheva, Courtesy of Taus Makhacheva Photo by Alex Piliugin
タウス・マハチュヴァ
1983年、モスクワ(ロシア)生まれ、同地を拠点に活動。 旧ソ連の体制下で社会主義を経験したコーカサス地方のダゲスタン共和国に文化的なルーツを持ち、異なる文化や伝統が出合う時に起こる出来事を、批判的に考察するパフォーマンスや映像作品を発表している。2017年、モスクワ市近代美術館にて個展開催。同年、ヴェネチア・ビエンナーレ出品。2019年には「フューチャー・ジェネレーション・アート・プライズ2019」(ウクライナ)にノミネートされた。

【ヨコハマトリエンナーレ2020 概要】
ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」
展覧会会期:2020年7月17日(金)~10月11日(日)
※開場日数78日、毎週木曜日休場(10/8を除く)
会場:横浜美術館、プロット48 
アーティスティック・ディレクター:ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)
主催:横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
公式WEB :http://www.yokohamatriennale.jp Twitter:@yokotori_

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内