シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」福岡での利用エリアを拡大

2020年9月10日 木曜日 3:17 PM

「Charichari(チャリチャリ)」福岡市における利用エリアを拡大し、より幅広い移動を実現

neuet株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎)は、シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」の福岡市における利用エリアの拡大を実施いたします。利用エリアを広げることにより、さらに多くの移動をサポートし、新しいご利用機会をつくります。ポートも順次開設が決定されておりますので、お客さまのさらなる満足度向上のためサービス改善に努めてまいります。



「Charichari(チャリチャリ)」は、2018年2月に福岡市でサービスを開始し、累計275万回以上、月間25万回以上のご利用をいただくまでに成長いたしました。2020年4月からは福岡市との共同事業として新たに採択され、現在は約290箇所のポートと約1500台の自転車で展開しています。また、2020年7月15日より名古屋市でサービスを開始、2020年9月16日からは東京浅草エリアでもサービスを開始することとなり、それぞれの都市において、当社のミッションに掲げる「まちの移動の新たな習慣」をつくっています。

この度、福岡市における「Charichari(チャリチャリ)」の利用エリア拡大が決定いたしました。これまでもご利用いただいているお客さまは勿論のこと、これから新たにご利用いただけるお客さまの移動をよりサポートし、幅広いエリアで気軽に使っていただけるシェアサイクルサービスとして、サービスの改善に取り組んでまいります。

以下、今回のエリア拡大の経緯と詳細になります。

■ 福岡市のコンパクトシティ計画の実現


大橋・高宮は南部広域拠点、室見・藤崎は西部広域拠点、姪浜は地域拠点として、それらの地域をハブとした交通機能の集積があること
拠点間や拠点内の身近な生活交通ニーズが高いこともあり、そういった需要へシェアサイクルサービスを通じて継続的に応えていくため

■ 追加エリアについて


西区/姪浜・小戸エリア
早良区/室見・藤崎・原・高取エリア
城南区/荒江・茶山エリア
中央区/笹丘・小笹・平和エリア
博多区/板付・竹下エリア
南区/高宮・大橋・野間・若久エリア

■ エリア拡大に伴う主要なアクセスポイント


マリナタウン海浜公園
マリノアシティ
小戸公園

■ 追加ポート対象と見込み
コンビニエンスストア、マンション、宿泊施設をはじめ、約30ポートを予定

■ 今後のエリア拡大予定
東区内の展開については準備が整い次第、地域の皆さまのニーズを伺いながら、順次拡大していく方針


■ Charichari(チャリチャリ)について
「Charichari(チャリチャリ)」は、スマートフォンアプリで専用の赤い自転車の鍵をあけ、かんたんにご利用いただける、シェアサイクルサービスです。2018年2月27日に福岡市にてサービスを開始しました。いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指しています。福岡市および民間の事業者による協力をうけ、福岡市内における駐輪ポート数は約290箇所以上となり、生活や観光の交通手段のひとつとして多くのシーンで選ばれています。2020年7月15日より名古屋市でサービスを開始、2020年9月16日からは東京浅草エリアでもサービスを開始。現在までに累計275万回以上、月間25万回以上のご利用をいただいております(※)


・Charichari(チャリチャリ)
https://charichari.bike

■ Charichari(チャリチャリ)ではポートオーナーを募集中です
店舗やオフィスの軒先・駐車場の一部・自宅のガレージなど、あなたがお持ちの未活用スペースをチャリチャリのポートとして活用しませんか。チャリチャリのポートは、自転車3台程度の小さなスペースから設置できます。普段使われていない場所を、新しい価値として活用しましょう。


・くわしくはこちら
https://charichari.bike/portowner/

(※)2020年9月10日時点

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内