横浜・みなとみらい線各駅を舞台にした現代アートの展示・パフォーマンス「Creative Railway-みなとみらい線でつながる駅アート」はじまります!

2020年9月17日 木曜日 7:17 PM

駅舎自体のデザイン性が高いみなとみらい線の各駅で、9/26(土)からアートプログラムを実施します。日常的に利用する駅で、アートを身近に楽しんでください!


参考写真
横浜市と横浜高速鉄道は、現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2020」の連携プログラムとして、横浜都心臨海部を走り、駅舎自体のデザイン性が高いみなとみらい線の各駅やその周辺において、現代アートの展示・パフォーマンスを行うアートプログラム「Creative Railway-みなとみらい線でつながる駅アート」を実施します。
たとえば、馬車道駅では、世界を舞台に活躍するアーティスト川俣正氏による新作を展示するほか、各所に動物をテーマにした作品を設置したプログラム「えきなか動物園」を実施します。また、元町・中華街駅6番口に直結するアメリカ山公園では、約5,000個のろうそくで、中華街、洋館をモチーフにした地上絵を描く「光の公園」を実施するなど、各駅やその周辺で多彩なアートプログラムを展開します。
また、各駅の作品付近にある「スマートプレート™」を、お手持ちのスマートフォンでタッチまたはQRコードを読み取ることでスタンプが貯まるデジタルスタンプラリーも実施します。5つすべて集めるとオリジナルアートグッズをプレゼント!
みなとみらい線各駅事務室と創造界隈拠点でCreative Railwayオリジナルの一日乗車券を販売していますので、ぜひ、各駅をお得に巡ってお楽しみください!

<Creative Railway概要>
期間:令和2年9月26日(土)~10月11日(日)
会場:みなとみらい線(新高島駅~元町・中華街駅)の駅構内等
主催:横浜市、横浜高速鉄道株式会社、創造界隈拠点
公式WEB:http://www.creativerailway.yokohama/
公式SNS:Facebook、Twitter、Instagram(@creativerailway)

<ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW-光の破片をつかまえる」>
3年に一度開催される現代アートの国際展です。本展では目まぐるしく変化する世界の中で、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、他者を排除することなく、共生のための道を探るすべについて、みなさんと一緒に考えます。
会期:令和2年7月17日(金)~10月11日(日) ※毎週木曜日休場(10月8日を除く)
会場:横浜美術館、プロット48 
アーティスティック・ディレクター:ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)
主催:横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
公式WEB :https://www.yokohamatriennale.jp
Twitter:@yokotori_

【お問合せ先】
●Creative Railwayについて
文化観光局 創造都市推進課担当課長 藤塚 万里子
TEL:045-671-2277

●みなとみらい線について
横浜高速鉄道株式会社 経営企画課 古性、松本、白井
TEL:045-664-0625

●ヨコハマトリエンナーレ2020について
文化観光局文化プログラム推進課担当課長 梶原 敦
TEL:045-671-4310

FAX:045-663-5606
Mail:creativerailway2020@gmail.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内