京都の新進若手アーティストの登竜門! 高嶺格氏も特別出品「Kyoto Art for Tomorrow 2021-京都府新鋭選抜展」開催

2021年1月18日 月曜日 11:17 AM

1月23日(土)~2月7日(日)京都文化博物館

京都府は、京都の地で新しい芸術の創造に取り組む新進の若手作家を紹介する展覧会「Kyoto Art for Tomorrow 2021 ―京都府新鋭選抜展」を開催します。 今年度は、選抜された才能あふれる若手作家40名の作品を紹介するとともに、国際的に大きな注目を集める京都出身の現代美術作家、高嶺格(たかみね ただす)氏によるインスタレーションを特別展示します。 京都の芸術文化を背景として、現代を生きる若い作家たちがみずみずしい感性で時代を切り開き、新しい歴史を紡いでゆく瞬間にどうぞお立ち会いください。



会  期

令和3年1月23日(土)~2月7日(日)10時~18時 
※金曜は19時30分まで(入室はそれぞれ30分前まで)
※別館は毎日19時30分まで
※月曜休館

会  場

京都文化博物館 4階展示室、別館ホール(京都市中京区三条高倉) 
※入場料 一般500円、大学生400円、高校生以下無料
※別館は無料

内  容

京都を活動の拠点とする40才以下の若手美術作家40名の新作を展示。また、優秀な作品を顕彰する。
特別出品作家として高嶺格氏が出品(プロフィールは別添参照)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、授賞式及び出品作家によるギャラリートークは行いません。

特別出品作家

<高嶺格(たかみね ただす)氏 プロフィール>
1968年鹿児島県生まれ。京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒業。映像インスタレーション、写真、彫刻のほか、近年では自らが演出した舞台作品を手がけ、社会や集団意識による潜在的な抑圧や支配を批評的に扱い、自己と他者、社会と新しい関係を築いていくプロセスを作品として昇華させている。90年代にはダムタイプのメンバーとして活動した。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内