発行累計100万部超の地域批評シリーズ最新刊!記念すべき100号は、震災から10年経った福島県の軌跡とこれからにスポットライトを当てた「これでいいのか福島県」予約受付中!

2021年1月20日 水曜日 2:48 PM

2021年2月9日発売予定!通販サイトで予約受付中!


マイクロマガジン社(東京都中央区)は、全国各地で好評いただいている地域批評シリーズの新刊として、書籍『日本の特別地域 特別編集100 これでいいのか福島県』を2月9日に発売いたします。


日本にとって福島県は、非常に大切な地域となった。2011年3月11日に発生した東日本大震災において、宮城県、岩手県とともに最大の地震、津波被害を受け、さらに福島第一原子力発電所の事故にも見舞われた。第二次世界大戦後、発展を続けてきた日本で、災害への本当の対策、原子力発電の危険性という、ほとんどの人が目を背けてきた「弱点」をもっともつらい形で見せつけられてしまったのが、福島県だった。

この未曾有の災害は、日本人の意識自体も変えた。新しい試みとして始まった民主党政権は崩壊し、震災時に威力を発揮したSNSによるコミュニケーションの普及、「自粛」という言葉の予期せぬ定着、「同調圧力」など、その後の10年の日本社会に大きな影響を与えた。その多くが東日本大震災と原発事故を出発点としている。

しかし、それほどの大事件だったのにもかかわらず、2010年代に起こったその他多くの事件や変化の中で、震災と原発事故で福島県が負った傷は、多くの人の意識の中で薄れていった……。

地域批評シリーズは、震災後から福島県を始め、東北各県において、震災を主題とした作品を刊行している。そして今回、震災後10年という節目において、ともすれば忘却の彼方へ追いやられようとしている東日本大震災と原発事故を改めて精査し、進んでいるのかどうかすら曖昧な福島県の復旧と復興の実態を調査した。さらに被災地に生きる福島県民やその関係者にもスポットライトを当てた。震災後の福島には、愛する郷土に生きる県民、離れざるを得なくなった人たちの知られざる事績や葛藤がたくさんあるのだ。

本書がどの程度、福島県と東北地方の人々の役に立つかはわからない。だが、被災地で力強く生きている人々、今も苦しむ人々の姿を広く世間に発信していくことは、各地の地域問題を扱ってきた当シリーズの使命であると確信している。そしてそれは復興が今も続いている福島への、本書ならではのエールでもある。





2021年2月9日発売予定!通販サイトで予約受付中!



日本の特別地域 特別編集100 これでいいのか福島県
https://micromagazine.co.jp/book/?book_no=1157
編:地域批評シリーズ編集部
ISBN:9784867161104
B5/ 書籍 /144ページ
定価:1,400円(税別)
発売日:2021年2月9日予定

通販サイトで予約受付中!
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4867161101
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16598093/
HMV&BOOKS
https://www.hmv.co.jp/artist_%20_000000000788307/item_%20_11474990


地域批評シリーズとは

地域批評シリーズとは2007年創刊の「東京都足立区」からスタートし、通巻150号、発行累計100万部を超えた超ロングランシリーズ。
各地域のイメージとして貼られたレッテルを、統計データや現地取材など、さまざまなアプローチを用いて検証し、地域の真実の姿や本当の魅力を明らかにする「面白くてためになる」地域分析本です。
地域の美味しいお店や遊べるスポットを紹介する〈地域ガイド〉とは一線を画す【今までに無いご当地本】として北は北海道から南は鹿児島まで計159タイトルを好評発売中!


地域批評シリーズ
https://micromagazinestore.com/products/list?category_id=255
地域批評シリーズを手掛ける第一編集部Twitter
https://twitter.com/MMdai1hennsyubu

【お問い合わせ先】
release_mg@microgroup.co.jp
在宅勤務を実施しておりますので、
お問い合わせにつきましては、メールにてよろしくお願いいたします。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内