神戸の中心地・三宮に相応しいランドマークとなることを目指して 「神戸三宮阪急ビル」が4月26日に開業します 商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」や、ホテル「remm+(レムプラス)神戸三宮」が開業

2021年1月28日 木曜日 6:48 PM

阪急電鉄株式会社と阪急阪神不動産株式会社では、現在、神戸阪急ビル東館の建替と隣接する阪急神戸三宮駅の高架下店舗のリニューアルを同時に進めていますが、このたび、神戸阪急ビル東館および駅高架下店舗をあわせた施設の名称を「神戸三宮阪急ビル」とし、4月26日(月)に開業することを決定しましたので、お知らせします。


新たなビルの東側の低層部には、大きなアーチ窓や円筒形のコーナー部分を配し、永らく神戸市民の皆さまに親しまれてきた旧神戸阪急ビル東館のデザインのイメージを継承しています。
また、神戸市営地下鉄との乗換の利便性を向上させるため、阪急東改札口と地下鉄(西神・山手線)三宮駅東改札口との間にエスカレーターを増設するとともに、阪急東改札口階(2階)~地上階(1階)~地下鉄東改札口階(地下2階)を結ぶバリアフリー対応のエレベーターを新設します。このほか、阪急東改札口の構外コンコースは吹抜け部分が大きくなり、より開放的な空間に生まれ変わります。

さらに、地下2階~3階には、東西コンコースの周辺および駅高架下のエリアに計35店舗からなる商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」が誕生します。このうちコンコースの周辺には、地下2階の食品スーパー「阪急オアシス」など、仕事帰りのほか、観光やショッピングの合間にも気軽にお立ち寄りいただける物販・サービス店をラインアップしました。一方の駅高架下には、飲食店を中心に個性豊かな地元内外の名店を誘致し、エキゾチックで賑わいあふれる新しい横丁街を形成します。
そして、4階~15階はオフィスフロアとなり、17階~28階には株式会社阪急阪神ホテルズが運営する宿泊主体型ホテル「レムプラス神戸三宮」が開業します。

阪急阪神ホールディングスグループでは、開業後も本ビルが、神戸の中心地・三宮に相応しいランドマークとなるべく、多くの皆様から親しまれ、地域の一層の魅力度向上につながるよう努めてまいります。

施設の概要は、次のとおりです。

施設の概要について
1.商業施設「EKIZO 神戸三宮」
(1)名称の由来
「EKIZO 神戸三宮」という名称は、異国情緒(エキゾチック)が漂う港町神戸に位置する駅(エキ)と一体の施設であるという特性から命名しました。神戸初出店(新業態・関西初出店を含む)の19店舗をはじめ、飲食・物販やサービスなど個性豊かな計35店舗が出店します。

(2)コンセプト
1. 高架下に連なる飲食ゾーンは、「情緒食堂街」がコンセプトです。
2つのテーマ「グランド&カジュアル」(=都会の高架下というカジュアルな場所で、本物を日常に愉しむ贅沢)と「和洋混載」(=神戸らしい様々な多様性)のもと、個性豊かな地元内外の名店が登場します。そして、お昼から深夜まで、テラスやカウンターで「ワイワイと賑わう、新しくも懐かしい、ごちゃ混ぜ感のある横丁」を目指します。
2. 東西の駅コンコース周辺を中心とする物販・サービスゾーンは、新たな街の玄関口として都会的かつ上質な雰囲気や洗練された神戸らしさ、華やかさを印象付ける空間を演出し、女性に嬉しいビューティやスイーツ、カフェなどのこだわりのショップが皆様をお出迎えします。仕事帰りのほか、観光やショッピングの合間にも気軽にお立ち寄りいただけます。

(3)出店テナントについて
1. 核テナント
地下2階にエイチ・ツー・オー リテイリング グループの食品スーパー『阪急オアシス』が核店舗として出店します。また、地下1階には阪急オアシスが手掛ける、買ってその場でイートインが楽しめるグローサラント『キッチン&マーケット』が兵庫エリアに初出店します。
2. 主な店舗
高架下を中心とする飲食ゾーンには、世界各国のクラフトビールが楽しめる本格的なビアホール『BEER&GRILLコウベビアハウゼ』や、大阪・福島で人気の割烹「もう利」の新業態『酒場 酒ト魚ト汝ト私』、神戸北野の人気ビストロ「LE BOOZY」の新業態『新世紀』、兵庫県の地鶏「ひょうご味どり」や「播州百日鶏」が味わえる『KOBE YAKITORI STAND 野乃鳥』、希少な日本酒と旬の食材にこだわった居酒屋『魚のじげん』、伝統をリスペクトしながらも時代にあった新しい蕎麦のスタイルを提案する『スタンド JAPA SOBA HANAKO』、神戸発祥の老舗バー『神戸サンボア』など、魅力的な店舗が目白押しです。
このほか、スペイン王室御用達のショコラトリー『CACAO SAMPAKA KOBE』や、アメリカ海軍将校倶楽部の一室の小さなお店が起源のドラッグストア『アメリカンファーマシー』などもオープンします。



2.オフィス(4階~15階)
阪急神戸三宮駅、JR三ノ宮駅、神戸市営地下鉄(西神・山手線)三宮駅に直結する、1フロア約600平方メートルのオフィスが誕生します。このうち15階には、神戸市が知的交流拠点「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)」を開設されます。

(ご参考)「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)」については、2020年10月28日に、神戸市よりニュースリリースされていますので、あわせてご確認ください。

3.レムプラス神戸三宮(17階~28階)


「remm+(レムプラス)」は、阪急阪神ホテルズが展開する“眠りをデザインするホテル「remm(レム)」”のコンセプトを継承しつつ、お客様にベストなリラックスタイムを過ごしていただけるよう、くつろぎのためのひと工夫と、上質感あふれる内装を“プラス”した宿泊主体型ホテルです。2019年12月に開業した「レムプラス銀座」に続く2号店であり、西日本では初の出店となります。神戸の海と山を高層階から楽しめる客室のデザインコンセプトは「remm&SKY SLEEP」。観光やビジネスの拠点として最適なロケーションに“空に浮かぶ寝室”が誕生します。

■営業開始:2021年4月26日(月)
(2021年2月1日(月)10時より予約受付を開始します)
URL:https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/kobe-sannomiya/

■施設概要
・総客室数 209室 ダブルルーム165室、ツインルーム41室、ユニバーサルルーム3室
・フロア構成
18~28階 客室
17階 フロント、ホテルロビー
1階・2階 ホテルエントランス
※朝食は29階のレストランでご提供します。

(ご参考)「レムプラス神戸三宮」については、本リリースと同時に、株式会社阪急阪神ホテルズよりニュースリリースされていますので、あわせてご確認ください。

参考資料1「神戸三宮阪急ビル」の施設構成
https://prtimes.jp/a/?f=d5181-20210127-3017.pdf

参考資料2 EKIZO 神戸三宮 出店テナント一覧
https://prtimes.jp/a/?f=d5181-20210127-7140.pdf


阪急電鉄 https://www.hankyu.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/9111f8d3774fff4ab3550b9cebfc66bd7cf61067.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内