【天デ部×文化庁×国立科学博物館】コラボ音声ガイドの一般公開がスタート!

2021年2月1日 月曜日 3:18 PM


天デ部×文化庁×国立科学博物館タイアップポスター
 文化庁と国立科学博物館は、生き物の進化に対する興味・関心を広く高め、博物館への来館につなげることを目指して,現在放送中のTVアニメ「天地創造デザイン部」とのタイアップ企画を実施しています。
この度、国立科学博物館で聴くことができる「コラボレーション音声ガイド」が、期間限定で一般公開されることが決定しました!
音声ガイドページはこちら▶▶https://tendebu.jp/kahaku/


音声ガイドシート(中面)
 外出がしづらい昨今の情勢を鑑みて決定した、本音声ガイドの一般公開。アニメ公式HP(https://tendebu.jp/)内の「国立科学博物館音声ガイドページ」にアクセスすると、国立科学博物館で現在配布中の音声ガイドシートが無料でダウンロードできます!
さらに該当の音声ガイドボタンをクリックすると、榎木淳弥(下田役)、梅原裕一郎(木村役)、諏訪部順一(水島役)、竹内良太(海原役)の4名が演じるキャラクターが博物館の展示物をユニークに解説する音声ガイドを聴くことができます♪

音声ガイドは引き続き国立科学博物館内でも聴くことができますので、ぜひ実際の展示をみながらガイドをお楽しみください!
音声ガイドページはこちら▶▶https://tendebu.jp/kahaku/

国立科学博物館(3階)



国立科学博物館内コラボレーション音声ガイド詳細


音声ガイドシート
◆実施中の内容:国立科学博物館でのアニメ登場キャラクターによる展示解説(音声ガイド)
◆時期:2020年12月12日(土)~2021年3月31日(水)(予定)
◆場所:国立科学博物館(上野本館)
◆音声ガイド登場キャラクター(全9種の音声ガイドを展開)
・下田(CV:榎木淳弥)
・木村(CV:梅原裕一郎)
・水島(CV:諏訪部順一)
・海原(CV:竹内良太)
○音声ガイドシート:国立科学博物館にて無料配布
〇音声ガイド試聴URL:https://youtu.be/7KUAcY7ANoM


国立科学博物館とは?



国立で唯一の総合科学博物館。宇宙、地球、生命の誕生から科学技術の発展がわかる「地球館」と日本列島の自然と日本人の歴史を展示している「日本館」からなり、約2万5千点の標本資料を展示しています。筑波実験植物園、目黒の附属自然教育園も国立科学博物館の施設です。
【国立科学博物館 公式サイト】https://www.kahaku.go.jp/


TVアニメ「天地創造デザイン部」とは?



原作:蛇蔵&鈴木ツタ、作画:たら子による共同原作で(「モーニングtwo」(講談社刊)にて2017年より連載中)、現在までにコミックスの累計発行部数は30万部を突破(既刊5巻)した人気漫画。天地を創造した万能の神(クライアント)が、地上の生き物を造ることが面倒になり下請けの天地創造社に依頼。神様との連絡役である天使や、デザイナー・エンジニアたちが、日々模索、奮闘しながら生き物たちを生み出す過程を描いた“生き物創造お仕事コメディ”です。その独特の世界観や,面白くてためになる生き物トリビアが話題を呼び老若男女問わず幅広い層からの支持を得ています。
TOKYO MX/MBS/テレビ愛知/AT-X/BSフジ/Amazon Prime Video/dTVにて放送・配信中!


【TVアニメ「天地創造デザイン部」公式サイト】https://tendebu.jp
(C)蛇蔵&鈴木ツタ・たら子・講談社/天地創造デザイン部製作委員会

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内