岩手県北バスの新型コロナウイルス感染症対策:「抗菌・抗ウイルスコーティング」の施工/「飛沫防止パーテーション」の設置

2021年2月1日 月曜日 3:18 PM

さまざまな新型コロナウイルス感染症対策を講じてきましたが、今回の取り組みにより、さらに安心・安全を向上させました。


岩手県北自動車株式会社では、お客様に安心して移動いただくため、これまでも新型コ ロナウイルス感染予防として様々な対策を講じてまいりましたが、今回下記のような施策を講じ、さらに安心してご利用いただきますよう準備いたしました。

1.無光触媒「エコキメラ(R)」による抗菌・抗ウイルスコーティングを施工
エコキメラ(R)は太陽光(紫外線)照射によって効果を発揮する光触媒二酸化チタンを原料とし、それをリン酸と反応させたことで、光のない暗所においても消臭・抗菌・抗ウイルスなどの効果を発揮するリン酸チタニアを用い製品化したものです。 当該コーティングは、みちのりグループの福島交通、関東自動車ならびに阪急電鉄などの公共交通機関やホテル等でも採用されております。
●当社の高速・都市間バス全車両に、「エコキメラ(R)」抗菌・抗ウイルスコーティングを施工しました。
●青森県内の南部バスについては、全車両(路線バス、高速バス、貸切バス)124 台 について、2 月中にコーティングを施工します。
 ※「エコキメラ(R)」施工済証


2.貸切および高速バス(一部)の 4 列シート部に、飛沫感染防止用パーテーション設置
このパーテーションは、PET樹脂と呼ばれる柔らかい素材でできており、座席の顔の位置に取り付けます。隣同士だけでなく前後にも飛沫が拡がるのを防ぐことができ、また、透明であるためお客様の視界を保ちながら飛沫感染防止が期待できます。バスシートの前後と隣同士の飛沫を防ぐタイプのパーテーションの導入は東北地方のバスでは初めてとなります。
 ※4 列シート用飛沫感染防止パーテーション




通院や通学、ビジネスなどの移動ニーズをお持ちの方々に対し、当社では、地域インフラを支える交通事業者として感染予防対策の充実を図り、安全安心な交通サービスの提供に引き続き努めてまいります。

参考.実施済みの新型コロナウイルス感染予防対策

■車内空気の浄化(高速・都市間バス/貸切バス) バス車内にはシャープ製プラズマクラスター*イオン発生装置を設置しています。この装置にはウイルスの作用を抑える効果が認められています(シャープ株式会社 HP による)。*:プラズマクラスターはシャープ株式会社の登録商標です。
■消毒液の設置(高速・都市間バス/貸切バス) 乗降口へアルコール消毒液を設置し、お客様にご利用いただきますし、乗務員も利用します。
■バス車内の消毒(路線バス/高速・都市間バス/貸切バス) 路線バスでは運行終了後に、高速・都市間バスと貸切バスでは1運行ごとに、シート・手すり等お客様の触れる部分の消毒を実施します。
■車内の換気(路線バス/高速・都市間バス/貸切バス) 高速・貸切バス車両は、エアコンの外気モードで、約5分で車内の空気をすべて入れ替えることが可能です。また運行途中の休憩の際、乗降口・一部の窓を開けての換気を実施します。一般路線バスは、エアコンの給排気機能又は換気扇による換気とデフロスターにて外気導入を実施します。また、起終点においてもドア、窓開け換気を実施します。
■ソーシャルディスタンスの推進(路線バス/高速・都市間バス) 空席がある場合はなるべく離れて座っていただくようにソーシャルディスタンスを促すポスターを掲示いたします。
■乗務員の対策(路線バス/高速・都市間バス/貸切バス) 乗務員はマスクを着用します。乗務員は業務開始前はもとより業務中も適宜、手洗い・うがいを行います。出勤時に必ず体温並びに健康状態を確認します。健康上支障のおそれある乗務員は乗務を見合わせます。
■お客様へのお願い事項「運転席後ろ最前列座席の利用制限」(路線バス/高速・都市間バス)  運転席すぐ後の座席(=最前列座席)ついては、飛沫感染予防対策として他に空き座席がある場合にはご利用をご遠慮いただくことで、安全なバス運行へのお客様のご理解とご協力をお願いしてまいります。
■お客様へのお願い事項(路線バス/高速・都市間バス/貸切バス) 手洗い、アルコール消毒、咳エチケット等は感染症対策の基本となりますので、お客様につきまして もバス車内におけるこれらの取り組みへのご協力をお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内