Discover TOTTORI News Letter 2021年2月号

2021年2月13日 土曜日 4:47 PM

いまも受け継がれる、伝統あるひな祭り!  豊かな自然が生んだ自慢の温泉をご紹介! 鳥取県のおすすめお花見スポットとグルメ

 中国地方の北東部に位置する鳥取県は、北は日本海に面し、日本海の荒波がつくる鳥取砂丘をはじめとする白砂青松の砂浜、奇岩・洞門など変化に富んだ海岸線が続き、南には、中国地方最高峰の大山(だいせん)をはじめ、中国山地の山々が連なります。四季の移り変わりが鮮やかで、美しい自然に恵まれている鳥取県から、自然・食・文化・イベントなど様々なトピック毎に、知られざる“旬の魅力”を毎月お届けします。


Discover TOTTORI 今月の注目トピック/鳥取県の文化
いまも受け継がれる、伝統あるひな祭り!
もちがせの流しびな 4月14日開催!



 “もちがせの流しびな”は、旧暦の三月三日のひなまつりに行われています。男女一対の紙雛を桟俵(さんだわら)にのせ、桃の小枝と椿の花や菜の花を添えて、災厄を託して千代川(せんだいがわ)に流します。「無病息災で1年間幸せに生活できますように」と願う情緒豊かな民俗行事で、毎年地元の子供たちが晴れ着姿で桟俵を流し、手を合わせます。
 ひな送りは、もともと物忌みの行事で、紙などで人形(ひとがた)を作り、これで体をなで、災いをその人形にうつして川や海に流す行事から生まれた風習です。「源氏物語」に源氏の君が祓いをして人形を舟に乗せ、須磨の海へ流すという著述があり、雛流しそのものの原型は、遠く平安時代にさかのぼるといわれています。
ここ用瀬には、時代の変遷と共に形を変えながらも、“もちがせの流しびな”として受け継がれています。

<イベント概要>※イベントの実施可否については、HPで最新情報をご確認ください。
【日付】2021年4月14日(水) 
【場所】流しびなの館周辺
【HP】http://nagashibinanoyakata.jp/publics/index/5/

■ひなまつりにおすすめの一品
1.おいり/深澤製菓
 鳥取県東部の因幡地方に古くから伝わる、ひな祭りには欠かせないお菓子です。炒ったお米に水飴を絡めて俵型にまとめた素朴な駄菓子。このおいりを頑なに守り続けて50余年、鳥取県産のお米、生姜を使って作っています。


【ショップ】https://www.oiri.jp/?pid=11417881

2.星空舞 糀甘酒/千代むすび
 千代むすびの「糀甘酒」は、濃厚な甘さとさらりとした後味が魅力の、添加物を使用しない体にやさしい甘酒です。鳥取県の新ブランド米、「星空舞(ほしぞらまい)」のみを使用した、自然の甘味が特徴のノンアルコール甘酒です。ノンアルコールのため、お子様も一緒に安心して飲むことができます。


【ショップ】 https://www.chiyomusubi.co.jp/shop/



Discover TOTTORI 隠れた名湯/鳥取県の温泉
1200年の歴史をもつ名湯や温泉グルメも!
鳥取の豊かな自然が生んだ自慢の温泉をご紹介!

■岩井温泉

 頭に手ぬぐいをのせ、湯かむり唄を歌いながら柄杓(ひしゃく)で体に湯をかける独自の風習が残る岩美町の温泉地。岩井温泉のお湯は、平安初期に宇治長者である藤原冬久が難病を癒したという伝説が残るほど、効能に優れた「硫酸塩泉」です。
 源泉そのものを湯船に引いた源泉かけ流しの「共同浴場 ゆかむり温泉」の浴室の壁画には湯かむりの1200年の歴史が表されています。少しでも長く湯につかり効能にあやかるためともいわれる「湯かむり唄」です。

【問い合わせ】共同浴場 ゆかむり温泉
【TEL】0857-73-1670
【HP】http://www.yukamuri.net/shisetsu-annai.html

<岩美町グルメ>ばばちゃん鍋
 水深300~500mの日本海に生息する深海魚「ばばちゃん(学名:タナカゲンゲ)」は、松葉がに漁の盛んな時期に、沖合底引き網漁業で水揚げされます。正面から見ると顔の雰囲気がお婆さんの顔によく似ていることから「ばばちゃん」と言われ、漁師の間で食されてきました。やわらかい白身はクセがなく、コラーゲンたっぷりのばばちゃんは、鍋がおすすめです。


■大山火の神岳温泉 豪円湯院
 標高約750mにある豪円湯院は大山寺参道沿いに位置する日帰り入浴施設です。元々は老舗の宿泊施設だった歴史ある建物に温泉を汲み上げ、新たな大山の観光スポットとして生まれ変わりました。登山の疲れを癒やしに多くの登山客が訪れます。
 地下1200mより汲み上げられた源泉は疲労回復や治癒効果が期待できる泉質です。神秘的な雰囲気の内湯「神の湯」と、四季折々の大山を満喫できる露天風呂があり、雄大な自然のパワーとともに癒やされること間違いなしです。


<豪円湯院グルメ>豪円とうふ
 江戸時代、仏教の教えで肉を食べることが出来なかった修行僧にとって豆腐は貴重なタンパク源であり、地元産大豆と大山の天然水で作った豆腐は大変美味しく、皆に親しまれていました。
 豪円湯院では、歴史のある豆腐を昔ながらの製法で作っています。鳥取県産高級大豆と源泉水を使用した、まろやかな味の、栄養価の高い豆腐です。1階でお持ち帰り用の販売をしている他、2階のレストラン“神の湯亭”では豆腐の食べ放題や定食メニューもしていて、どちらも人気です。

【問い合わせ】大山火の神岳温泉 豪円湯院
【TEL】0859-48-6801 
【HP】 https://goenyuin.com/


Discover TOTTORI 日本酒/鳥取県のお酒
冷酒から燗冷ましなど!いろんな飲み方で楽しめる鳥取県の日本酒!
鳥取県自慢の個性ある酒蔵を紹介!


 自然豊かな鳥取県では、それぞれの風土と食に合わせた酒造りが行われています。鳥取県の生活文化と食の豊かさに育まれ鍛えられてきたお酒は、いずれもスッキリとした飲み口と米の旨みが特徴です。地元の米と水で醸した、その地ならではの地酒を取り寄せ、飲み比べしてみてはいかがでしょうか。

■山根酒造場
 明治20年創業の酒造で、鳥取市青谷町の山根の谷に酒蔵があります。米の旨みを引き出すことを最優先に、米に由来する甘み以外の糖分は酵母に食べ切らせる完全発酵を基本としています。鳥取県オリジナルの酒米「強力(ごうりき)」を使った商品が豊富で、「生酛(きもと)強力」「伝承強力」など様々な強力米の魅力を感じていただけます。銘柄「日置桜(ひおきざくら)」は、山根酒造場のある雪深い日置の谷にある、旧正月の頃満開となる桜の名木にちなんでおり、春を待つ心に酒を酌み交わす意が込められています。

【住所】鳥取県鳥取市青谷町大坪249 
【TEL】0857-85-0730
【HP】https://hiokizakura.jp/
【紹介動画】https://www.youtube.com/watch?v=dAQC32i3QTk&feature=youtu.be

■太田酒造場
 明治42年創業の酒造で、森林が町の面積の95%を占める自然豊かな若桜町の宿場町に酒蔵があります。平成4年に酒造りを中断しましたが、「日本酒界の重鎮」とも言われる、鳥取県出身の上原浩氏の教えのもと、平成14年から丁寧な純米酒づくりを目指して再開。全量若桜町産酒米を使用する、銘柄「辨天娘(べんてんむすめ)」は、地元若桜町の弁財天が由来です。タンクに仕込む順で1番娘、2番娘と名付け、ラベルに表示しています。

【住所】鳥取県八頭郡若桜町若桜1223-2
【TEL】 0858-82-0611
【HP】https://www.bentenmusume.com/
【紹介動画】https://www.youtube.com/watch?v=g7_IZXweO7U&feature=youtu.be

■福羅酒造
 明治22年創業の酒造で、湯梨浜町の東郷温泉街に酒蔵があり、「山陰東郷」が代表銘柄です。湯梨浜町の恵まれた大地が生んだ自然の湧水や、地元で生産される酒造好適米を使用するなど、明治時代から引き継がれた伝統の造りを守っています。生酛造りに力を入れ、熟成し燗しておいしい、軽快旨口の酒を目指しています。冷酒、常温、ぬる燗、熱燗、燗冷まし、温度を変えて味わいの違いを楽しむのもおすすめです。

【住所】鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎448 
【TEL】0858-32-2121
【HP】http://www.fukura-syuzou.com/index.html 
【紹介動画】https://www.youtube.com/watch?v=ocEfPStlEjM&feature=youtu.be

★稲田本店で、話題の「御酒印」をゲット!
 御酒印帳とは、全国の御酒印帳公認酒蔵を巡り、御酒印(お酒ラベル)を収集し貼り付けて、お酒の感想などを記録して楽しむものです。鳥取県で登録されている御酒印帳銘柄は本醸造稲田姫です。このお酒は、燗から冷やまで幅広く楽しむことができ、よろこびのお酒としてお祝いの席で飲まれています。
※御酒印帳(R)は柿本商事株式会社の登録商標です。

【問い合わせ】御酒印帳プロジェクト推進委員会 
【TEL】075-662-0131
【HP】https://www.goshu-pro.jp/


Discover TOTTORI 冬の大山/鳥取県のイチオシ
大山山麓が生んだ旬の味覚と今だけの体験!
冬の大山はブロッコリーとスノーシューがオススメ!


■大山ブロッコリー
 鳥取県は西日本有数のブロッコリー産地であり、県内で生産量トップの「大山(だいせん)ブロッコリー」は、大山山麓の良質な黒ぼく土壌で栽培されています。2018年に「地理的表示(GI)保護制度※」に認定されました。鮮度が高く、また、甘みが強く、えぐみが少ないことが特徴です。
※産地と結びついている産品について、その名称を知的財産として保護する制度
【HP】https://www.pref.tottori.lg.jp/178188.htm

★通称“ブロッコリー神社”! 客(きゃく)神社
 のどかな田園風景の中にぽつんと佇む客神社は、丸い森のなかにすっぽりと神社が隠れていて、「ブロッコリー神社」という愛称のほか、「トトロの森神社」とも呼ばれています。神秘的な姿が人気を集め、撮影スポットとして脚光を浴びている穴場スポットです。
【HP】http://tottorinanbu-kanko.jp/

★大山スノーシューツアー
西洋かんじきとも呼ばれる「スノーシュー」は雪の上を歩くための道具です。「スノーシュー」を履いてフカフカの雪で真っ白に染まった大山をゆったりとしたペースで歩くツアーを開催中!散策の途中では雪の上でのティータイムや、雪化粧をした大山寺の参詣なども楽しむことができます。雄大な銀世界を満喫できるこの時期ならではの安全で楽しい体験です。
【HP】https://tourismdaisen.com/tour/snowshoe/



Discover TOTTORI 海の幸/鳥取県の食
“蟹取県”とっとりのイチオシ!
みずみずしい「若松葉」は今が旬!


■「若松葉」とは
 脱皮後間もない、甲羅が柔らかい雄のズワイガニのことを、鳥取では「若松葉」と呼びます。2月1日から2月28日までと限られた期間のみ水揚げされる、今だけのかにです。松葉がによりもお手ごろな価格で、みずみずしくさっぱりとした身で、甲羅からの身離れがよく、脚を吸えばスッと取れるため、お子様と一緒にご家族で気軽に食べることができます。松葉がにと一緒に取り寄せ、食べ比べもおすすめです。

<お取り寄せ>
・かろいち       【TEL】0857-38-8866  【HP】https://karoichi.jp/
・境港水産物直売センター【TEL】0859-30-3857  【HP】http://www.sanmaki-direct.jp/
【鳥取県「若松葉」HP】
https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1026553/sakana100sen-48.pdf


Discover TOTTORI お花見情報/鳥取県の桜スポット
列車や大山とのコラボ!幻想的な夜桜も!
鳥取県のおすすめお花見スポットとグルメ

※イベントの開催内容は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、変更となることがございます。

■若桜鉄道 若桜駅
 旧国鉄若桜線を引き継いだ若桜鉄道の終着駅である若桜駅は、構内に国鉄時代から残る駅舎やプラットフォームが今も残されており、2008年に国の登録有形文化財に指定され、昨年2020年に90周年を迎えました。かつて若桜線を走っていたSLと桜のコラボレーションは美しく、鉄道ファンだけでなく多くの方が訪れる県内有数のお花見スポットとなっています。



【住所】鳥取県八頭郡若桜町若桜345-2
【アクセス】JR鳥取駅から若桜鉄道で約1時間

■鹿野城跡公園
  城下町の面影が残る鹿野町は桜の名所として有名です。鹿野城跡公園は500本ほどのソメイヨシノがお堀を中心に咲き誇る人気のお花見スポット。屋台が立ち並び、提灯でライトアップされる「鹿野さくら祭り」には毎年多くの観光客が訪れます。お堀の透き通った湖面に映る夜桜は圧巻の美しさです。

【住所】鳥取県鳥取市鹿野町鹿野
【アクセス】JR鳥取駅から車で約30分

■米子城跡(湊山公園)
 約500本のソメイヨシノが咲き誇る米子エリア屈指の桜の名所です。公園内には、中海沿いの遊歩道に桜の木が植えられており、桜まつりの夜には100個以上のぼんぼりが幻想的な光を放ちます。よく晴れた日にはピクニックにもオススメ。標高90mの米子城跡まで登ると360度の大パノラマが広がります。雄大な大山と桜、米子の町並みをぐるりと見渡すことができます。

【住所】鳥取県米子市久米町
【アクセス】 JR米子駅より車で5分

★おすすめ花見スイーツ/丸京(まるきょう)製菓
 1日40万個ものどらやきを焼き上げ、生産量日本一である丸京製菓。毎年桜のシーズン限定の商品が登場します。なかでも可愛らしい桜の焼印が入った「桜どらやき」がおすすめです。風味の良いしっとりとした皮に、桜あんがたっぷりと入っています。持ち運びもしやすく、花見のお供にぴったりです。

【HP】 http://www.marukyo-seika.co.jp/
【お取り寄せ】https://www.marukyo-eshop.jp/

■打吹(うつぶき)公園
 打吹山のふもとにある打吹公園は「さくら名所100選」「日本の都市公園100選」に選ばれており、春になると多種多様のさくらやツツジが咲き誇ります。開花の時期に合わせて「倉吉春まつり」が開催され、毎年多くのお花見客でにぎわいます。ライトアップされた夜桜が池の水面に映る様子も幻想的で趣があります。

【住所】鳥取県倉吉市仲ノ町
【アクセス】JR倉吉駅より路線バス約20分


Discover TOTTORI いちご/鳥取県の食
濃厚な甘みと、ほどよい酸味の新種イチゴ
鳥取県オリジナル新品種「とっておき」


 鳥取県では気象条件にあった、多収・高品質なイチゴを開発しようと1996年から研究を開始し、2018年に 県オリジナル新品種「とっておき」が誕生しました。鳥取県内でしか生産されない希少品種であり、「特別な美味しさを日常生活の中で!」という思いで命名されました。

■「とっておき」の特徴
 すっきりとした上品な甘みと、程よい酸味のあるバランスがとれた味わいが魅力。ほかのイチゴに比べ、果肉が緻密で硬めなので、食べ応えがあり、華やかな香りがおいしさを後押しします。ヘタが新鮮でピンとしており、果肉がふっくらとし、光沢とハリのあるものが美味しさの目印!


★おとりよせ/とっとり市 販売農園
■井上農園

 厳選した有機質肥料と土壌菌、酵素を使用した 『わかば農法』で栽培したイチゴです。鳥取県オリジナル品種の「とっておき」 と「章姫(あきひめ)」を販売。


■とみハウス
 有機質肥料のみ使用、減農薬で手間暇を惜しまず大切に育てた「とっておき」と 「章姫」をセットにして販売。2種のイチゴを食べ比べできます。

【井上農園ショップ】https://tottori-ichi.jp/item_view.php?id=2371
【とみハウスショップ】 https://tottori-ichi.jp/item_view.php?id=2818

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内