【すみだ水族館】クラゲ水槽「ビッグシャーレ」で春限定の演出「たんぽぽとクラゲ」を3月12日(金)から開催

2021年2月25日 木曜日 4:48 PM

~“海月(クラゲ)”がただよう海に、ふわりとたんぽぽの綿毛が舞う癒し空間~

すみだ水族館(所在地:東京都墨田区、館長:中村 雄介)は、2021年3月12日(金)~2021年5月30日(日)の期間、約500匹のクラゲが漂う水槽「ビッグシャーレ」で、春限定の演出「たんぽぽとクラゲ」を開始しますのでお知らせします。


「たんぽぽとクラゲ」キービジュアル
「たんぽぽとクラゲ」イメージ
本企画では、国内最大級の長径7mの水盤型水槽「ビッグシャーレ」およびその周辺の壁や床を用いて、春の訪れを象徴する「たんぽぽ」で空間を演出します。左右の壁面に投影される映像は、地上で綿毛となり“ふわふわ”としながらも力強く舞い遠くまで飛んで、また花を咲かせるたんぽぽと、海を“ふわふわ”と漂いながら輪廻するクラゲの一生をリンクさせたストーリー仕立てになっています。さらに、壁面のストーリーに合わせて床面の映像も変化します。水槽には、本企画にあわせて通常とは異なる色の照明を施し、空間全体で春を感じていただける内容となっています。

「ビッグシャーレ」は、一般的なアクリル板で囲われた水槽と異なり、視界を遮らずにクラゲを見下ろす新体感を味わうことができます。横からではなく真上からのぞくことで“海月(クラゲ)”の漢字の由来でもある、海中に浮かぶ満月のような丸いクラゲの姿を直接ご覧いただくことができます。これまで冬の澄んだ海を表現していたクラゲの海に春が訪れ、たんぽぽの綿毛がふわりと舞う癒しの空間をお楽しみください。

本企画には、思うように自由な活動ができない状況が続くなか、訪れた皆さまの心を明るく癒すとともに、「春がきた」と前向きな気持ちになっていただければ、という当館の想いを込めています。
今年の春は、都心で春の訪れと癒しを感じられるすみだ水族館でお楽しみください。



【展示】ビッグシャーレで春の癒しを感じる空間演出「たんぽぽとクラゲ」




すみだ水族館生まれのミズクラゲ (クラゲの「ラボ」で成長過程を展示)
綿毛のようなミズクラゲの赤ちゃん“エフィラ”

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内