エイドリアン・ゼッカと追求する、旅館という日本伝統文化の新たな表現 『Azumi Setoda』2021年3月1日 グランドオープン

2021年3月1日 月曜日 1:48 PM

旅館「Azumi Setoda」と銭湯付帯の旅籠「yubune」が同時に開業します。

株式会社Azumi Japan(京都府京都市)は、新しい旅館「Azumi Setoda」および銭湯付帯の旅籠「yubune」を、2021年3月1日に尾道市瀬戸田にオープンしました。瀬戸内海のしまなみ海道沿いにあり、心地よい潮風、青く穏やかな海、色鮮やかな樹木や柑橘類に包まれる瀬戸田。この土地に根付く古き良き伝統を尊重しつつも、旅館としては新しい現代的な要素を多く取り入れています。日本文化の新しい表現としての旅館の在り方を、世界的なホテリエであるAdrian Zecha(エイドリアン・ゼッカ)と共に提案していきます。


「Azumi Setoda」東屋(あずまや) Photo Tomohiro Sakashita
旅館「Azumi Setoda」は50平米~70平米の計22室の客室に加え、庭園、あずまや、ダイニング、ラウンジ、ギャラリー等で構成。別棟の銭湯付帯の宿泊施設「yubune」には銭湯とサウナ、湯あがりラウンジ、客室14室が備わります。幅広い客層に温かみのあるおもてなしを提供し、地域全体に賑やかな連携をもたらすような旅館となることを目指します。

当館は京都を拠点とし伝統的な日本建築を主とする六角屋・三浦史朗氏の手によって、瀬戸田の地に約140年佇む邸宅「旧堀内邸」の貴重な建築様式を残しながら丁寧に改装されました。邸宅のかつての使われ方を尊重しながら、建物外観や柱、梁、石、植物など従来からそこに佇んでいたものを最大限受け継ぐ形で、現代と未来へ継承していけるように設計。木や石、土といった自然の生きた素材と、瀬戸田ならではの潮風、日差し、気候などとの兼ね合いが丁度良いバランスで呼応する空間となっています。

伝統的な趣を持つ旅館でありながら現代的な発想で空間を構成。内部空間から庭園にかけて、空間全体が心地よく調和しています。また「旧堀内邸」としての歴史も尊重し、建物全体が「まるで邸宅に招かれているような」心遣いを表現しています。

レセプションを通った先にあるダイニングは高さ約9mの天高を活かした開放的な空間である一方、それぞれの客室は垣根で仕切られた静寂でプライベートな空間が広がります。ダイニングでは中央のカウンターを囲むようにテーブルが配され、家庭的なおもてなしを受けるようなプライベート感がありながらも、ほどよい公共性も感じられる空間となっています。また「あずまや」は個々が静かに瞑想することもできる、余白のある場所と位置付けています。
「Azumi Setoda」客室 Photo Tomohiro Sakashita
檜の心地よい香りに包まれる各客室には、個別に設計された坪庭が息づいています。室内から見た時の美しさを追求し、三浦史朗氏と造園設計集団WA-SO designによって客室から一体に繋がる自然を楽しんでいただけます。

旅館内に置かれる数々の上質な家具は、地元の土井木工株式会社(広島県府中市)との共同制作。三浦史朗氏が空間全体に合うようデザインし、檜など地元の自然素材をなるべく使用して館内の雰囲気や庭の景色に溶け込むように計算されています。

「Azumi Setoda」では、まるで堀内邸がお客様を招いた時に振舞うような、家庭料理または宴会料理といった側面を持つ食事を提供。地元の旬な食材、特に魚介類や柑橘類、野菜を主に使いながら、素材と向き合い日々メニューを考案します。瀬戸田は古くから海上交易の要所であったことから、アジアやペルシャを感じさせるハーブやスパイスを取り入れていることも特徴の一つ。繊細な小皿料理から活気のある大皿料理まで、数々の美しい器に盛り付けします。旧堀内邸に保管されていた多くの貴重な食器類も受け継いでおり、時の重なりを感じていただけるような時間を演出します。おまかせのコースに加え、アラカルトもご用意しています。
「Azumi Setoda」ディナーメニューの一例 Photo Max Houtzager
Azumi Setoda 開業時のメニューの一例:
● 因島のタコと赤にし貝のごま塩
● 広島県産わけぎとピータンの白和え
● 黄ニラとセロリの葉の餃子
● 広島県産のお肉の炭火とヤム

旅館棟の向かいには、別棟の銭湯付帯の宿泊施設「yubune」が同時に開業。藍染めと松の木の草木染めで作られた暖簾をくぐった先のフロントには、旧堀内邸に残されていた「新しい日、新しい風」と書かれた看板が掲げられています。浴室のタイル壁画は美術家のミヤケマイ氏によるもの。瀬戸内の島々、豊かな海と生き物をモチーフにした美しく斬新な銭湯壁画が完成し、男湯には昼間の、女湯には夜の瀬戸内海の情景が描かれています。

銭湯部分は宿泊客のみでなくビジター利用も可能です。旅館の一部でありながらも地域の方々も積極的に利用でき、旅行客との繋がりを感じることのできる施設となることを目指しています。季節に合わせて瀬戸田ならではのレモン風呂や塩の湯の体験や、サウナを利用していただくことが出来ます。
「yubune」エントランス Photo Tomohiro Sakashita
「yubune」男湯内観 Photo Tomohiro Sakashita


ご宿泊のお客様のための地域に根ざしたアクティビティもご用意しています。サイクリストに人気の「しまなみ海道」ならではのサイクリングツアー(初級/中級/上級レベル)をはじめ瀬戸田の特産品であるレモン狩り体験、瀬戸内海の魚釣りツアー、サンセットクルーズ、お寺での座禅体験、お料理教室など、多様な表情のある地域の魅力に触れる機会を提供します。
瀬戸田のレモン谷の風景 Photo Max Houtzager
「Azumi Setoda」は、瀬戸田港から耕三寺にかけて繋がる地元の商店街「しおまち商店街」の入口に開業しました。かつては1日1万人もの人が訪れていたとも言われているこの街の魅力を掘り起こし、未来に向けて活気を取り戻すべく様々なプロジェクトが現在進んでいます。

例えば、2021年4月には「街のリビングルーム」をコンセプトとした複合施設「SOIL SETODA」が開業します。地域住民の声を反映しながら計画を進めてきた同施設では、中長期滞在者向けゲストルーム、ワークラウンジ、観光案内所、コーヒースタンド、レストランが備わる予定。活気がありながらもリラックスできる環境を作ることで、地元住民と国内外からの旅行者との交流が生まれ、瀬戸田全体がより活発になっていくことが見込まれます。

「Azumi Setoda」は、旅館の持つ家庭的なおもてなしの心とその土地に思いを馳せる体験こそが未来に求められる豊かさであると考えながら、同時に地域の活力を取り戻すことにも貢献していきたいと思っています。


Azumi Setoda

・ゲストルーム(最大3名様):22室(約50~70平米)
・共有部:ダイニング、ブライベートダイニングルーム、庭園、ラウンジ、ギャラリー、あずまや

yubune

・ゲストルーム(最大2~4名様):14室(約20~30平米)
・共有部:男女別浴場およびサウナ、湯あがりラウンジ(yuagari)
 ※ラウンジスペースは、朝食ラウンジまたは休憩所としてご利用いただけます。

開業日:2021年3月1日(月)
住所:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269  電話:0845-23-7911(代表)
料金: Azumi Setoda:約65,000円(税・サ別、銭湯入浴込み、朝食込み)~
yubune:約20,000円(税・サ別、銭湯入浴込み、軽い朝食込み)~

Azumi Setoda :  http://azumi.co/setoda
yubune   : http://azumi.co/yubune

Azumi Setodaインスタグラム アカウント
https://www.instagram.com/azumi.______/

yubune インスタグラム アカウント
https://www.instagram.com/yubune.setoda/

広報写真素材は下記リンクよりダウンロードください。
写真素材をご使用の際には、撮影者クレジットを入れていただきますようお願いいたします。
https://www.dropbox.com/sh/rgpgjrg5ntgpykf/AADXrVPOlWVrur9vGoJQv9rma?dl=0

<お問い合わせ先>
Azumi 広報担当
info@azumi.co

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内