【国立劇場おきなわ】三線の美しい調べ「古典音楽の美」4月24日開催!

2021年3月4日 木曜日 11:18 AM

沖縄の伝統芸能公演が楽しめる国立劇場おきなわ(沖縄県浦添市)では、沖縄の伝統芸能である三線の公演「古典音楽の美」を開催します。




時代を超えて受け継がれる沖縄の三線(さんしん)音楽とは?
 三線は14世紀末頃、中国から伝来しました。琉球王国時代、三線は宮廷楽器として定着し、士族たちによって演奏されていました。その後、次第に民間にも普及し隆盛をきわめ、沖縄の伝統楽器として重要な位置を占めるようになります。中国から伝来して以後、琉球の音楽に合うように工夫され、改良が加えられました。王府では貝摺奉行で三線製作を行っており、それによって名工が輩出し、三線の名器も誕生しました。
 沖縄の三線音楽は、古典音楽と民謡におおよそ分けて考えられます。古典音楽は、琉球王国時代の宮廷音楽の総称で、 組踊や古典舞踊に用いられて発展してきました。民謡は、古謡や古典音楽をルーツに、庶民の中で伝承されてきました。

重厚で美しい三線の調べ「古典音楽の美」
 本公演は、沖縄の音楽の中から「琉球古典音楽」に焦点をあて、現在伝承されている野村流・安冨祖流・湛水流の音楽を、それぞれベテランから若手実演家による演奏でお届けします。また、本公演では、2019年「琉球古典音楽」の人間国宝に認定された、中村一雄氏の独唱をご堪能いただけます!
 民謡とはまた趣の異なる、重厚でゆったりとした古典音楽の調べをどうぞお楽しみください。
令和元年5月公演より


公演およびチケットの詳細については、国立劇場おきなわホームページをご覧ください。
(URL)https://www.nt-okinawa.or.jp/performance-info/detail?performance_id=2192

*新型コロナウイルス感染症の影響により、今後、公演が中止となる可能性がございます。中止となった場合、支払い済みのチケット代金につきましては、払い戻しをいたします。なお、公演の中止が決定した場合は、当劇場ホームページにてお知らせしますので、ご確認をお願いいたします。

*国立劇場おきなわ自主公演につきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、現在、左右一席空けての販売を行っておりますが、感染症対策の緩和が決定された場合は、販売せずに売り止めていた席の追加販売を行うことがございます。今後、座席販売状況の変更がある場合は、随時ホームページに掲載致します。

*国立劇場おきなわにおける新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みについては、下記をご覧ください。
○「新型コロナウイルス感染症拡大予防ガイドライン」
https://www.nt-okinawa.or.jp/topics-list/2020-05-22-06-38-52

【国立劇場おきなわ】 令和3年度 三線音楽公演 「古典音楽の美」
公演日時:2021年4月24日(土)14:00
会場:国立劇場おきなわ 大劇場
出演:中村一雄、比嘉康春・照喜名進ほか
チケット料金:一般:3,500円 ・ 高校生以下:1,000円
チケット好評販売中!
チケットのお求め:国立劇場おきなわチケットカウンター 098-871-3350
WEBチケット販売サービス (URL)https://www.nt-okinawa.or.jp/ticket-info/web-ticket
アクセス:「那覇空港」から23番・26番・120番・99番のバス「勢理客」~徒歩10分、または「那覇空港」からモノレール「旭橋駅」~徒歩「那覇バスターミナル」~バス「勢理客」~徒歩10分
国立劇場おきなわ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内