日本初のSDGs地図教材 SDGsマップ「沖縄」発売

2021年3月5日 金曜日 6:48 PM

現役高校教諭ら学識経験者が監修

株式会社近畿日本ツーリスト首都圏(本社:東京都新宿区 取締役社長:大原 浩、以下 近畿日本ツーリスト)は、日本初のSDGs地図教材となる『SDGsマップ』(企画・制作:内外地図)の制作に協力し、このたび第1弾として沖縄版の情報提供および販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。



全国の学校でSDGs(持続可能な開発目標)を学べる教育プログラムに注目が集まっております。この『SDGsマップ』は、近畿日本ツーリストが長年携わった教育旅行の経験を生かし、修学旅行での活用を目的として企画されました。折りたたんでA5サイズになる持ち歩きに便利なサイズで、地図上の観光スポットにはSDGsの17のゴールが紐づき、ひと目でSDGsスポットが学べるものとなっております。修学旅行での学びはもとより、その後もご家族等で再訪する際にも大きな助けとなる教材です。



第1弾は「沖縄」-SDGsが濃縮した学びの島-
定番の修学旅行先である「沖縄」を題材に第1弾が完成しました。沖縄本島は、気候、サンゴ礁の島やマングローブ、ハイビスカスなどの珍しい自然風景、琉球王朝時代の首都としての歴史、人々の文化や平和学習などSDGs視点での見どころが満載です。第2弾として、京都・奈良版をまもなく発売する予定です。

「SDGsマップ」は、事前学習やリモート修学旅行でもお使いいただけます
SDGsマップ本体に付属して、事前学習や旅行後のまとめを作成できる生徒用ワークブックと、教員向けの解説書がセットになった教材となっております。ウィズコロナにおいては、教室で修学旅行気分が味わえるリモート修学旅行(※1)にもご利用いただけます。


〔『SDGsマップ』沖縄版概要〕







KNT-CTホールディングスグループの近畿日本ツーリスト各社は、「世界中の人々の夢と感動のため、私たちは常にチャレンジします」をビジョンに掲げ、学校行事である修学旅行において、質の高い教育に寄与する旅行やプログラムの企画・提案をしてまいりました。これからも、“旅”を通じて社会課題の解決を図り、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成およびサスティナブルな社会の実現に向けて貢献していまいります。


※1 Remoto(リモート)修学旅行:近畿日本ツーリスト首都圏では、新型コロナウイルス感染拡大で修学旅行の中止を余儀なくされた首都圏エリアの学校にむけて「Remoto(リモート)修学旅行」を発売開始し、サービス提供しています。オンラインとリアルを駆使し、いつもの教室に修学旅行先を再現し、さまざまなプログラムを提供するものです。SDGsマップは、「Remoto(リモート)修学旅行」にも欠かせない必須アイテムとして、また、ウィズコロナ時代の新しい地図として注目されています。

参照:
内外地図株式会社 おしらせ「SDGsマップの販売開始」
https://www.naigai-map.co.jp/news/


※株式会社近畿日本ツーリスト首都圏は、KNT-CTホールディングスのグループ会社です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内