阪神大震災復興ビルアクタ西宮の設立20周年委員会が設立し 「商店街 お店とお店コラボレーション企画」がはじまりました

2021年3月11日 木曜日 6:18 PM


震災復興とは、道路ができ、堤防ができ、ビルができるだけではありません。そこで暮らす人や仕事などの営みが復興してこそ、震災復興である



阪神淡路大震災からはや26年、歴史と伝統のある北口商店会などの震災復興事業としてポンテリカを経て、アクタ西宮が令和3年の今年、はたちの20周年を迎えます。

令和3年3月8日アクタ西宮振興会の事務所を無料でお借りし、アクタ西宮の公的機関、民間商店、核テナント企業、地権者等が参加、出席者18名、zoomによるオンライン出席4名が集まり設立されました。
阪神淡路大震災からはや26年、歴史と伝統のある北口商店街などの震災復興事業としてポンテリカ(仮設商業施設仮店舗の逆読み)を経てアクタ西宮がオープンし、令和3年の今、はたちの20周年を迎えます。
このアクタ西宮は、震災後の苦しい時に、小学校、体育館などに集まり全国からの救援物資の受け取りや配給、炊き出しなど仕事や立場を超えて助け合った結晶であると言えます。つまり、アクタ西宮は、西宮北口周辺住民の復興の記念碑的存在です。


新型コロナ災害
アクタ西宮は今年、はたち(オープン20周年)を迎えます。アクタ西宮20周年を記念し、あの阪神大震災の苦労を乗り越えたように、世界に蔓延する新型コロナ災害からの復興元年として、西宮から、そして日本へ、そして世界へ向けて、3.11の東日本大震災など、今後の震災復興のモデルケースとして、この20周年を祝いたいと思います。

20周年委員会
アクタ西宮オープン20周年を記念し、すべての立場を超えて20周年委員会を発足したしました。北口商店街からの方、アクタになってから出店した方、図書館や福祉センターなどの行政機関、UR、管理組合、マンション住民、アクタ西宮振興会、核テナント、保守警備関係の方などすべての人が結集し、一同に会したいと考えており
ます。震災当時みなが立場を乗り越えて協力したように、このコロナ災害を立場を乗り越えて協力しアクタ西宮20年を祝い、そしてアクタ西宮100年を目指していきす。

委員長 
児玉秀樹 ナチュラルスマイル西宮北口歯科 院長
副委員長 
櫻井英利 櫻井文具店 店長

「商店街 お店とお店コラボレーション企画」



令和3年3月11日 アクタ西宮20周年企画の第一弾として
震災復興とは、道路ができ、堤防ができ、ビルができるだけではありません。そこで暮らす人や仕事などの営みが復興してこそ、震災復興であると考えます。そこでアクタ西宮20周年企画として、「商店街のお店とお店のコラボレーション企画」を開始します。アクタ西宮 西館2階 ポエトリーとアクタ西宮 東館2階 ナチュラルスマイル西宮北口歯科が協力し、歯科に来院された小学生を対象にポエトリーにてお名前を書いていただけるという企画を開始いたします。商店街の東館、西館を回遊し、商店街の空き店舗の解消、活性化に取り組みます。



ポエトリー アクタ西宮 西館2階
書家 カリグラファー  お名前を可愛く、、、
阪神淡路大震災で被災した経験から「いつか」ではなく「今」を
コンセプトに、思い出の西宮市の地で、想いが伝わる世界に一つの名入れ品を作成している。
https://www.instagram.com/poetry__official/

ナチュラルスマイル西宮北口歯科 アクタ西宮 東館2階
診療台20台、歯科医師16名在籍の兵庫県最大規模の歯科 一般、小児、口腔外科だけでなく、全身麻酔を用いた障がい者歯科なども行う アクタ西宮20周年委員会事務局
https://naturalsmile.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内