「まちだに ポケモンが あらわれた!『ポケふた』ミニ展示」を町田市民文学館で開催

2021年4月5日 月曜日 1:18 PM

東京都町田市ではシティプロモーションの一環として、ポケモンマンホール「ポケふた」を2020年8月に芹ヶ谷公園に設置しました。これを記念して同年9月に町田市民文学館で開催した「まちだに ポケモンが あらわれた!『ポケふた』ミニ展示」を、散策に適した時季に合わせて再び開催します。


昨年開催したミニ展示の様子
本展では昨年に引き続き、原寸大のポケふたパネルやポケふたグッズ等の展示、「まちだのポケふたマップ」「ポケふたぬりえ」の配布を行います。また、ポケモン公式YouTubeチャンネルで公開されている動画で、町田市のポケふたが登場する「ポケモンマンホール「ポケふた」誕生物語」を放映します。

 多くの皆さまがキャラクターへの親しみを持ち、芹ヶ谷公園に設置されている現物の「ポケふた」を探しに行くきっかけとなることを期待しています。


開催概要

【期間】2021年4月6日(火)~5月30日(日)
【休館】毎週月曜日(ただし5月3日は開館)、4月8日(木)、5月13日(木)
【時間】午前9時~午後22時
【観覧料】無料
【会場】町田市民文学館 1階文学サロン(原町田4-16-17)

ポケふたとは

株式会社ポケモンが各地の来訪促進を目的に、ポケモンがデザインされたマンホール蓋「ポケモンマンホール『ポケふた』」を全国に寄贈している取り組みです。それぞれ世界に1枚しかないオリジナルデザインで製造されています。


町田市とポケモン~ポケモンをつくった田尻氏が少年時代を過ごしたまち~

ポケモンの生みの親である田尻智氏は、少年時代を田んぼや森が多く残っていた町田で過ごしたそうです。昆虫をはじめとした生物の観察や採取を楽しみ、クラスで1番の昆虫博士だった経験が「ポケットモンスター」をつくるヒントになったとも言われています。


(C)2021Pokémon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリーク登録商標です。


町田市民文学館について

町田市民文学館は作家・遠藤周作氏の資料の寄贈がきっかけで開館しました。
町田市ゆかりの作家、言葉や表現の楽しさを感じる企画、子どもに人気の絵本等をテーマにした展覧会を開催し、市民の文化活動の拠点となっています。






東京都町田市について

人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然も多くあります。街の便利さと自然のどちらも味わえるまちです。

■町田市HP:https://www.city.machida.tokyo.jp/
■まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
・Twitter(https://twitter.com/machida_cp
・Instagram(https://www.instagram.com/machida_cp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内