イラストレーター・中村佑介のほぼすべての作品を一堂に 「中村佑介展 金沢21世紀美術館」を史上最大規模で開催!

2021年4月27日 火曜日 5:48 PM

■会場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(B1F)■期間:2021年4月29日(木・祝)~5月29日(土)

 大阪芸術大学(学校法人塚本学院/所在地:大阪府南河内郡/学長:塚本 邦彦)は、4月29日(木・祝)~5月29日(土)に金沢21世紀美術館にて、大阪芸術大学デザイン学科の卒業生でイラストレーターの中村佑介さんによる展覧会「中村佑介展 金沢21世紀美術館」を企画いたしました。


「中村佑介展 金沢21世紀美術館」
 大阪芸術大学 デザイン学科卒業生のイラストレーター・中村佑介さんは、2002年から活動をスタートし、ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のCDジャケットや、小説「謎解きはディナーのあとで」「夜は短し歩けよ乙女」などの書籍カバーなどを手がけるほか、アニメーションのキャラクターデザインやテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆も行うなど、その表現活動は多岐に渡ります。
 これまで大阪芸術大学は大学案内の表紙や卒業式ビジュアルの作画依頼をはじめ、サテライトキャンパスでの展覧会や卒業制作展でのトークイベントなど、中村さんと共にさまざまな取り組みを行ってまいりました。
本展覧会「中村佑介展」は、2017年からスタートし、これまでに大阪、池袋、名古屋、福岡、後楽園(東京)と全国を巡回し、 累計来場者数7万7千人以上にも上ります。北陸地区、金沢では初めての開催となります。
 展示される作品は、中村さんがこれまでに携わってきた作品のほぼすべてを網羅し、「原画と完成画」をあわせて展示するもので、展示総数430点以上と過去最大の展示数となります。
 会期中には、直筆イラスト付き「サイン会」を4月29日(祝・木)と4月30日(金)に行うほか、5月16日(日)には、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんをお招きし、「中村佑介×後藤正文 トークショー&後藤正文ライブ」も開催いたします。
 この機会に、中村佑介というイラストレーターの軌跡を、ぜひ目撃してください。

大阪芸術大学 デザイン学科卒業 中村佑介 プロフィール


1978 年兵庫県生まれ。イラストレーター。大阪芸術大学デザイン学科卒業。
ロックバンド ASIAN KUNG-FU GENERATION や、さだまさしなど、様々なアーティストの CD ジャケットをはじめ、小説『謎解きはディナーのあとで/東川篤哉著(小学館)』、 『夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦著(角川文庫)』、教科書『高校生の音楽(教育芸術社)』など数多くの書籍カバー・挿画を手がけるほか、アニメーションのキャラクターデザイン(TV アニメ/四畳半神話大系、劇場アニメ/夜は短し歩けよ乙女)やテレビ出演、エッセイ執筆など、その表現活動は多岐にわたります。 画集『Blue』と『NOW』(飛鳥新社)はイラストレーターの作品集としては異例の累計13万部を記録中です。 他には、初の教則本『みんなのイラスト教室』(飛鳥新社)、影響を受けた13人のクリエイターとの対談集『わたしのかたち』(青土社)、小説誌「きらら」の表紙を新たなかたちでまとめたイラストレーションブック『きららちゃん』(小学館)、本格的なぬりえブック『COLOR ME』(復刊ドットコム)は、第二弾の『COLOR ME ,too』も昨年末に刊行され、大人気好評発売中です。

<中村佑介展 金沢21世紀美術館 イベント概要>
■会期:2021年4月29日(木・祝)~5月29日(土)
■時間:10:00~18:00
■会場:金沢21世紀美術館 市民ギャラリーB(B1F) ■入場料:<前売・当日共通>一般 900円 / 学生 600円 ※小学生以下無料
<数量限定・グッズ付>一般 1,200円 / 学生 900円
※数量限定のため、小学生以下の方でグッズ付をご希望の方は学生券をお買い求めください。
■主催:中村佑介展実行委員会
■協力:飛鳥新社
■後援:金沢市 / 金沢市教育委員会 / 石川県芸術文化協会/北國新聞社 / 読売新聞北陸支社 / エフエム石川 / Favo
■企画:大阪芸術大学

会場先行販売の新刊、音楽ジャケット集「PLAY」の発売を記念して、「中村佑介×後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)トークショー&ライブ」の開催決定!
 本展覧会の会場にて、先行販売する中村さんの新刊となる音楽ジャケット集「PLAY」の発売を記念して、2021年5月16日(日)にASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんをゲストにお迎えして、同施設内のシアター21にて、トーク&ライブイベントを開催いたします。トークコーナーでは、展示イラストやその制作過程での逸話などをお二人でお話し頂き、その後、後藤正文氏によるライブを行います。
 先行販売チケットは、大変ご好評をいただき、定員を大幅に上回るご応募を頂いたため、当日のライブ配信および、5月23日(日)までアーカイブ配信を行うことが決定いたしました。

<中村佑介×後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)トークショー&後藤正文ライブ ライブ配信・アーカイブ配信概要>
■料金:1,500円(税込)
■配信期間:<ライブ配信>2021年5月16日(日)13:00~終了まで
<アーカイブ配信>2021年5月17日(月)13:00~5月23日(月)12:59
■配信システム:Streaming+
■受付Pガイド:イープラス(https://eplus.jp/nygm-st/
■受付期間:2021年4月20日(火)10:00~5月23日(月)10:00
※視聴チケット1枚で、ライブ配信もアーカイブ配信もご視聴いただけます。
※専用アプリは不要です。ブラウザでご視聴頂けます。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文 プロフィール


1976年静岡県生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。これまでにキューンミュージック(ソニー)から9枚のオリジナル・アルバムを発表。
2010年には自身主宰のレーベル「only in dreams」を発足。また、エッセイや小説の執筆といった文筆業や、新しい時代やこれからの社会など私たちの未来を考える新聞『THE FUTURE TIMES』を編集長として発行し続け、2018年からは新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞『APPLE VINEGAR -Music Award-』の立ち上げなど、音楽はもちろんSNSでの社会とコミットした言動でも注目されている。
2020年12月2日、約4年半ぶりとなるGotch名義のソロアルバム『Lives By The Sea』を配信リリース、2021年3月3日にはLPとCDをリリース。著書に『何度でもオールライトと歌え』『YOROZU~妄想の民俗史~』『凍った脳みそ』他。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内