E.G.WORLD 『不便な人は自滅の刃を使わない』上演決定!カンフェティにてチケット発売中。

2021年4月28日 水曜日 1:18 PM

E.G.WORLD コチラブジアンジテイルゲンキデ『不便な人は自滅の刃を使わない』が2021年5月7日(金)~5月9日(日)に絵空箱(東京都新宿区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて好評発売中です。


カンフェティにてチケット発売中!
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=61050&

公式ホームページ
http://not-easy-life-e-g.world.coocan.jp



■ 公演内容
中村哲医師&「マッチ売りの少女」「象」の劇作家別役実追悼
劇団《意地悪》によるアウトサイダー・アート★ブラックコメディ・オムニバス
無知・誤解・独断・偏見・屁理屈・妄想・思い込みのオンパレード
もっとヘヴィに!もっとハードに!もっとディープに!
コワイ・アブナイ・スゴイものこそ、美しい・・・・・・。
「この作品を見てしまったあなたは、開いた口がふさがらなくて、やがてそのうち、思わず笑ってしまうだろう。世の中の、あえて癒そう癒そうとする北風のような作品ではなく、悲惨の果てのユーモアで、知らず知らずのうちに癒している、太陽のような作品を私は作りたい。」作者より

■ 団体概要
1997年、ライブハウス「スーパーロフト」の経営、荒戸源次郎事務所にて映画製作に関わった金堂修一が、当時燐光群にいた出口恵子の一人芝居「皆殺しの天使」にて旗揚げ。
以後、プレッシャー、コンプレックス、ディスコミュニケーションをテーマにヘヴィでハードでディープなオリジナル作品を年2~3回の公演を定期的に行う。短編のビデオ作品も製作。
2014年からは、番外編として劇団「意地悪」と称し、オムニバス作品を上演。

■ 出演者
金堂修一、出口恵子、山田宙太半端、桐原かおり、川村大輔

■ スタッフ
脚本 金堂修一、山田宙太半端
演出 金堂修一
照明 長尾裕介
音響 滝口美幸
ビデオ撮影 高橋哲也

■ タイムテーブル
5月7日(金)18:00
8日(土)14:00/18:00
9日(日)14:00/18:00
※上演時間 約1時間半

■ チケット料金
前売: 3000円
当日: 3500円
(税込)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内